【体を張って調査!】デリなのにスナックで待ち合わせってマジ?【気になる風俗試し隊!!】

★シェアお願いします

キチヌキスクリーンショット 2016-02-05 20.50.01

続きは本文で!

同じ連れ出しも安さは新宿より池袋に軍配!

「日本一の風俗街」とよくいわれるのは新宿歌舞伎町だが、デリヘルの軒数では、実は池袋がダントツなのだ。その理由がラブホの充実度。しかも、安いラブホが多いことから、池袋が好まれているようだ。

さらに、歌舞伎町より安心して飲めるせいか、連れ出しスナックも意外に多い。歌舞伎町の中国系が飲み代1万円、連れ出しショート2万~2万5000円なのに対し、池袋は飲み代5000円、連れ出しがショート1万5000円程度と安いのがいいところだ。

しかし……それよりもっと安いデリヘルで済ます客も少なくないのが現実。そこで、ある連れ出しスナックのマスターは考えた

「そうか! デリヘル登録をして、待ち合わせ場所としてウチの店を指定すればいいんだ。そうすれば、次からは店で飲んでさらに連れ出してくれるかもしれないじゃん。でも、デリヘルはホテル代がかかってお客さんも大変だよなぁ……。そっか、今使ってる物置兼着替え部屋をレンタルルームにすれば、そのまま2階で安く遊んでもらえるじゃん! ルーム代も稼げて一石二鳥。オレって天才!

これ、実話じゃないですよ、あくまでファンタジーです(笑)。でも、そう仮定すると、マンガの内容も納得がいくってこと。嬢もかわいいコが多いし、スナックの系列のエステでもヤレるみたい。あ、これもファンタジーってことで(笑)。

スクリーンショット 2016-02-05 20.50.01

池袋のラブホ街といえば今も昔もディープな世界

このスナックを調べていたときに驚いた。実は以前、よく飲みにいった池袋の居酒屋のすぐ近くだったのだ。いつからあるのか不明だが、もっと早く気付くべきだった。

あの辺は、2000年前後には箱ヘルが密集していた地域でもあり、怪しい香りは強い場所だったんだろう。

その先に数軒あるラブホで、大人のパーティをやってる店もあった。

おもしろいのはマンション型ではなく、客が来るとラブホの一室に案内し、そこに近在のエステやデリヘルから中国、韓国、台湾の女のコを集め、よりどりみどりで2回遊べるというものだった。けっこうかわいいコがいて、楽しいパーティだったが……当然、今はない。

パーティといえば、さらにその先のマンションにはモンゴル人の大人のパーティがあった。4人の女のコがいるというので行ってみると、実際には朝青龍の妹みたいなのがひとりだけ。

他の女のコは「寒いから帰った」だってさ。つっても、その日の気温は15度。
アンタの国の平均気温やんけ!
なーんてなこともありましたなー、あぁ、あのころが懐かしい(笑)

【潜入データ】
女性年齢/30歳前後
料金/60分1万3000円
このスナック、外観からは全く分からないが、恐らくは連れ出し店なんでしょう。
記者が訪れたのは平日なので人通りは多くなかったが、そのわりに賑わっていましたぞ。

(取材/多々野平助 マンガ/森藤麻々花 掲載/「実話大報」2016年1月号)