【世界が認めたLカップ!】沖田杏梨ロングインタビュー「デビューしたときに『人類最強ボディ』っていうキャッチフレーズをつけられて、『やめてくれ~!』って思ってましたね(笑)」【中編】

★シェアお願いします

MIDE-294-14+

「超硬フル勃起 寸止め痴女伝説 沖田杏梨」

昨日の前編に引き続きLカップ女優・沖田杏梨ちゃんインタビュー第二弾をお届け
デビュー当初の「人類最強ボディ」というキャッチフレーズについて思っていたことも激白!!

私、もともと自分は日本では売れないタイプだと思ってたんです(笑)

――もともと海外を視野に入れてデビューされたというのは珍しいですね。どういう活動をしたいと考えてらしたんですか?

杏梨 海外で認知されたい、というのがまずあって、そのためにはこういう世界でデビューしたほうが、向こうに届くスピードが速いかなと思ったんです。

実際に、海外の映画にも出させていただいたり、台湾のテレビからも出演のオファーをいただいたりしたので、自分が思った通りだったなと。

▼インタビュー前編

今や海外でも大人気の沖田杏梨ちゃん。先日は突然のマスカッツ卒業宣言と海外進出でも話題に! そんな杏梨ちゃんのロングインタビューを三回にわけて...

――狙い通りになったんですね。それにしても、普通なかなか狙ってもそうはいかないですよね。

杏梨 私、もともと自分は日本では売れないタイプだと思ってたんです(笑)。

日本で人気が出るのは、やっぱりかわいくてロリっぽいタイプの女優さんじゃないですか。
私みたいに背が高くて、こういう強そうなタイプってウケないだろうな~って。

国内向けだったら、おっぱいもこんなにいらないし(笑)。

――こんなにいらないって(笑)。
「日本でウケない。っていうのは、デビュー前からそう感じることがあったんですか?

杏梨 いや、それはなかったですね。
おっぱいあるから男の人は普通に寄ってきてたんですけど、AVの世界での人気やファン層を考えると、自分はウケないだろうな~って。

――すごい自己分析力ですね!(次のページヘ続く)