月刊DMM名物「酒の席」インタビュー!! モヒカル監督に「バコバコバスツアー」の裏話を聞いちゃいます!!

★シェアお願いします

女性が出て来ないのでとりあえず食べ物をトップ画面にしてみましたw

女性は一切出てきません!男だらけの居酒屋インタビュー!
ゲストは「バコバコバスツアー」のモヒカル監督

【対談メンバー】

モヒカルAV監督・39歳・埼玉県出身 バコバコバスツアーシリーズ(MOODYZ)の他、ロリ系作品中心に監督している。監督名はモヒカン+ラスカルから。

安田理央ライター。今年も「京王駅弁大会」に通いました。ベスト駅弁は大分県の「山海三昧」。山の幸、海の幸満載の寿司弁当!

大木テングー:「月刊DMM」編集長。最近、本誌の売り上げが尋常じゃないぐらい好調で嬉しいのですが、誰も褒めてくれないので、みなさん褒めてください。

mohikaru

モヒカル監督

大木:ゲストはAV監督のモヒカルさんです。

モヒカル:こんにちはー。

安田:モヒカルさんと言えばバコバコバスツアー』シリーズの監督として有名ですね。

【限定共演】MOODYZファン感謝祭 バコバコバスツアー2015 優勝記念版

大木:AV OPENグランプリ受賞おめでとうございます!

モヒカル:この間、アリスJAPANで撮った『少女人形』って作品のパケに「祝 AV OPEN2015グランプリ受賞モヒカル監督作品」って書かれてて、びっくりしました(笑)。

少女人形~お義父さん、お願い、もう許して…~ 江奈るり

「少女人形」

大木:他社作品なのに!(笑)

安田:それ見ました。いいロリ物でしたねー。モヒカルさんって、バコバス以外はロリ物が多いんですよね。ミニマムとか……。

モヒカル:今はバコバス以外はロリ物ばっかりですね。

安田:ロリ好きですか。おれも大好きなんですけど(笑)。

大木:娘がいるのに!

モヒカル:うちも娘いますよ。

安田:それとこれとは別ですよね!

モヒカル:14歳の時に彼女がいて、初体験寸前までいったんですよ。

大木:それは早いですね。でも、寸前ってことは未遂?

モヒカル:そうなんです。でもその後はさっぱりで、童貞捨てられたのは20歳の時なんですよ。確変かかったままで6年経っちゃったみたいな。だからその14歳の時の印象がすごく強いまま残ってたんです。

安田:あー、なるほど。それでそれくらいの年齢の女の子に……。

モヒカル:基本的に妄想の人なんですよ。だからこの仕事を始める前はAVよりもエロ本の方が好きでしたね。妄想する余地があるから。

安田:おれも文章派。SM小説とか好きでしたね。

モヒカル:僕は雑誌派です。『DON’T!(ドント)』が大好きでした。

安田:サン出版の! 渋い!

大木:エロ本好きなのに、AV業界に入ったのは?

モヒカル:映画少年だったんですよ。自主制作映画撮ったりしてました。

安田:なるほど。好きな監督は?

モヒカル:一番好きな監督はロベール・ブレッソンですね。

安田・大木:ほう…(知らない)

すでに若干酒が回ってきている感もありますが、次のページではバコバスの裏話も飛び出し、最後にはモヒカル監督が今年の野望を語ります!!