ものすごい美人や可愛いモデル、さらには女装子にまで「縛ってほしい♡」とリクエストされる若き緊縛家の秘密!〜アダルト業界人物列伝〜中山美里の『おもエロい人』

★シェアお願いします

profile_HajimeKinoko

一鬼のこ(はじめ・きのこ)ロープアーティスト、フォトグラファー。2001年より緊縛を始め、2006年よりショーや作品づくりを行う。

最近、ちょっぴり盛り上がっている緊縛の世界

その中でも、可愛いモデルさんたちからの

「私も縛って

というラブコールが鳴り止まない若き緊縛家をご紹介♪

縄を始めたきっかけは彼女が変態だったコト

ロープ・アーティストとして活躍しつつ、フォトグラファーとしても活動を行っている一鬼のこさん。
アングラ界では有名だけれど、SMに興味のない方はご存知ないかも?
でも、AV女優のみおり舞さんやモデルの七菜乃さんが縛られ、撮られることに喜びを感じるほどの人……というと興味が湧くのでは?
しかも、一鬼のこさんの緊縛はこれまでのものとはひと味違う。サイバーロープと銘打ち、暗闇で光る緊縛ショーを行ったり、真っ白い空間で真っ赤な縄を使って縛るアート作品を作ったりと、ポップなロープアートも展開しているんデス。

ところで、緊縛を始めたきっかけって?

一鬼のこ「当時付き合っていた彼女が変態で『恋人同士の関係よりご主人様と奴隷の関係のほうが深い』なんて言うんです。それなら、と縛りを勉強し始めました。でも、SM自体には興味がなかったんです。色々やってるうち、緊縛は女性をより美しくすると思うようになり、段々と好きになりました」

1

AV女優のみおり舞ちゃん、葵マリーさんと写真集『RED』の撮影現場でパチリ♪

あるトラウマがあって男性は縛りません(笑)

その当時、変態バーで働いていたため、練習台には事欠かなかったと鬼のこさん。

一鬼のこ「『縛ってほしい』という人が大勢いて、いろんな方を縛るうちに上達していきました」

ちなみに縛り志願してくる女性は、不思議とものすごい美人か、もしくは目も当てられない×××なのだそう。時折、男性や女装子なども「縛ってほしい」とやってくる…が、男性は基本的にお断りしているのだとか。

一鬼のこ「変態バー時代、男性を後手に縛っていたら、背後に回ったボクのチ●チンをずっと触ってくるんです(泣)。そのケは全くありませんから、気持ち悪いだけで……。以来、男性は縛らないことにしました(笑)」

ウーン、確かにそれはトラウマだ。しかも、緊縛は、縛る方が体への負担が大きそうで……。

一鬼のこ 「相手は縄と僕に体を委ねるので、こっちがしっかり受け止めないといけないんです。だから、最近、腰や膝が痛くて痛くて」

縄師って、ずいぶん大変な職業なんですナ。そんな、大変なプレイだけど、やっぱり「女性を縛ってみたい」という男性って多いですよね。鬼のこさんは作品の展示やショーだけでなく、縄の講習会なども行っているので、ご興味のある方は、ツイッターなどで情報をゲットしてみてね!

中山美里
アダルト分野に妙に長けた女ライター。近著に風俗嬢のルポ「漂流遊女」。
Hなニュースサイト『JESSIE』をやってます。ヨロシク!!

(掲載/「実話大報」2016年4月号

270book68286812016pl