【リアル人妻】アブノーマル体験談「車中、私はずっと裸でいることを命令され、さらに股縄をつけたままで山道を歩かされて…」不倫相手との禁断プレイに目覚めた人妻の衝撃告白手記…。

★シェアお願いします

IMG_2305

四十路を前にしても美しい体型を維持している人妻・朱希さん。だが彼女の体型管理は夫を喜ばせるためではなく、不倫相手との淫らな関係を維持するため…。衝撃アブノーマルSEX告白手記!!

「汗と愛液まみれの股間に当たる、あの肉棒の熱い感触に蕩けてしまいそう…」

大楠 朱希さん(38歳・仮名)の手記

スレンダーでモデルのように整った体型の美女・朱希さん。実は8年前から付き合っている10歳年上の彼と、今でも淫らな主従関係が続いているという…

IMG_2221

私は年齢こそもう38歳とアラフォーですが、

かなり体型には気をつけており、

現在も歳の割にはスレンダーなボディを維持しています。

3年前にIT企業を経営する夫と結婚してからも

身体の手入れだけは怠っていません。

もっとも…、私が体型維持に努めているのは

夫のためでなく、別の男性のため。

実は私には8年前から付き合っている10歳年上の彼がいて、

今でも主従関係が続いているのです。

IMG_2534

もちろん私にそんなご主人様がいること、

夫はまったく知りません。

夫が出張で家を空けることになった先日、

私は久しぶりに彼に呼び出され、

股縄された状態で奥多摩へのドライブに

付き合わされるハメになりました。

当然、車中わたしは裸でいることを命令され、

目的地に着く頃には振動で股間がビショビショです。

IMG_2533

しかし調教はこれで終わったわけではありません。

人気のない駐車場で降ろされると、

今度は股縄をつけたままで山道を歩かされることに…。

歩く度に股縄が擦れて、愛液がさらに溢れてくるんですが、

これに追い打ちをかけるのが容赦なく照りつける日差し。

山道を一歩進む度、汗とも愛液ともつかぬ液体が

太ももを伝って滴り落ちます。

こうして中腹までたどり着いたところで、

彼は背後から私の股のところに

オチ○チンを差し込んできて、

素股を要求してきました。

汗と愛液まみれの股間にあたる太い肉棒の感触に、

頭のなかが蕩けてしまいそう。

「挿れて欲しいか?」

「お願いします、ください…」

IMG_3170

激しいピストンの末、膣内に肉棒の脈打つ感触があり、

熱い液体が体内に注がれました。

そして汗と愛液と精液の入り混じった液体が太ももを伝った瞬間、

思わず身体を震わせる私。

もうこの快感からは逃れられません…。

(記事引用元=ズバ王2016年8月号

 

 

関連商品