【人妻アブノーマル告白手記】「私を裏切って不倫した夫への復讐…それは夫以外の子供を産むことでした」夫への復讐心から破天荒な不倫生活を送るようになった32歳・人妻の告白手記。

★シェアお願いします

最愛の夫の裏切りをきっかけに、夫への復讐心から無軌道な浮気へと走るようになった32歳人妻・彩乃さんのアブノーマルSEX告白手記…。

夫以外の男で孕みたい!歪んだ妻の願望

告白者  原田彩乃さん(32歳・仮名)

なかなか子供のできない夫婦だが、夫が不倫してヨソの女を妊娠させていたことが判明。土下座して謝る夫に免じて離婚はしなかったものの…。

 24歳で結婚して8年、親からは早く孫が見たいって言われていたし、私たちも子供ができるのを望んでいたけど、いまだ妊娠していません。子供ができないのは夫に子種がないからでは…と悩んだこともありました。

 でも今になっては、夫に子種がなかったほうが良かったなんて思ってしまいます。というのも、夫が不倫相手を妊娠させたことがわかったからです。

「あんたのダンナに妊娠させられた。堕ろすので手術代と慰謝料を払ってほしい」という電話がかかってきたのは半年前のこと。

 最初はたちの悪い冗談と思って取り合いませんでした。ところが夫を問い詰めたら、あっさりその事実を認めてしまったんです。

 それからは荒れましたね。夫が妊娠させた女性に関しては、私は関わり合いになりたくなかったので、夫と夫の両親に全部任せましたが、問題は夫婦関係。絶対に離婚するつもりだったけど、最終的には土下座して謝る夫に免じて、許したんです。

 しかし怒りは簡単には収まりません。で、そんななか私はある復讐を思い立ちました。それは、夫以外の子供を産むこと。そう、これ以降、私は出会い系サイトで適当な男を見つけては中出しさせているんです。

 初めての浮気相手は、30代のオタクっぽい男性。わざわざ危険日に会う約束をして、ホテルに直行しました。

 ベッドに入って、フェラをしてあげた後、「生でして」って言ったら、その彼はすごく驚いていましたね。そして挿入されて、やがて大量の熱い精液が私の中に注ぎ込まれました。その瞬間は、ここまでやってしまった自分が少し怖くなりました。

 それでも自分ばかりが悲しい思いをするのはイヤ。今はまだ妊娠していませんが、いつか他の男の子を孕んでみせます。

(記事引用元=ズバ王

関連商品

ズバ王 2016年09月号

商品の詳細を見る

ズバ王 2017年2月号

商品の詳細を見る