花電車、マナ板、白黒、入れポンetc…なつかしのストリップ用語を、ストリップ芸人・松本格子戸が徹底解説!!【松本格子戸のストリップ舞台裏】

★シェアお願いします

03

※写真はヌーディングライブ撮影会より

昭和62年にストリップ芸人としてデビュー以来28年、年間200日は全国のストリップ劇場の舞台に立つ芸人・松本格子戸がお送りする、雑誌ズバ王人気連載ストリップ舞台裏エッセイ。

◯クンニ選手権からゲイSMまで大忙し

 ストリップ芸人・松本格子戸、おかげさまで、10月も初日からシアターPOOの舞台に立たせて頂きました。1日は『別冊小司あん!めでたくにゃぴーんっ』というイベントで、ロリっ娘AV女優の小司あんちゃんのリアルお誕生日をお祝い。若林美保嬢、京はるな嬢をゲストに迎え、その上、三代目葵マリー女史、クンニクマン師、倖田李梨さんがサプライズゲスト!とても豪華なイベントになりました。

※小司あんちゃんの生誕祭より

※小司あんちゃんの生誕祭より

 2日は『風俗嬢のカラ騒ぎ』と称して、ソープランド、デリヘル、SMクラブ、ストリップ劇場、熟女AV、ハプバー店長など、性風俗産業に従事している男女の方々に風俗の現状を赤裸々に語ってもらうという、普段は裸で仕事されている方々が服を着て語るトークライブ。

 3日の『ヌーディングライブ撮影会』には御前珠里嬢、京はるな嬢、若林美保嬢が出演して、お客様方はストリップライブを思い思いにカメラに納めていました。本格派で一眼レフのデジカメもあり、そうかと思えば、懐かしい写ルンですを持ってきてる方もいらっしゃって、和やかな雰囲気で二回公演を終えました!

 4日はこれまたシュールにスゴい『第二回全日本クンニ選手権』というイベント。日本全国から「我こそは!」と思うクンニ自慢の猛者たちが一同に介し、モデルの女のコのオマ◯コめがけて舌を這わす(笑)。お客様方は舐めている挑戦者の後頭部をただ観ているという……。

※若林美保デビュー16周年記念短編映画のキャスト&スタッフさん

※若林美保デビュー16周年記念短編映画のキャスト&スタッフさん

 日曜日の昼下がり、新宿のド真ん中で何やってんねやろ?って感じですよね(笑)。プロデューサーはクンニクマン師、スペシャル審査員に、三代目葵マリー女史、京はるな嬢、朱魅嬢をお迎えし、ゲストパフォーマーにナメだるま親方こと斉藤修氏を、前回優勝の月緒嬢、準優勝の西くんも駆けつけ、大変賑やかなイベントに!

 そして8日にはTokyo Borderless TVというWebTV局の『小幡あかねの今夜もぬるざんまい』という番組にゲスト出演させて頂きました。彼女は池袋のマットヘルス店に在籍する現役の風俗嬢でありながら、日本ローレグライズ協会の公式モデルでもあります。15分の番組ですので、あっという間に終わっちゃいました(笑)

※日本ローレグライズ協会公式モデルの小幡あかねちゃんと

※日本ローレグライズ協会公式モデルの小幡あかねちゃんと

 そして10日はゲイSMに特化したイベント『縛男Ⅳ』を新宿2丁目のS3スタジオで、メンズストリップ集団N-Stageの千葉向月氏に協力を得ての協同開催となりました。若い男のコたちの絡み、オナニー、発射、緊縛、観客参加のフィストファックなど、ありとあらゆる「ゲイSM」の全てを魅せることができたのかなと思っております。次回は未定ですが、必ず開催いたしますねッ!

 11日~20日はシアター上野にて『ギャルパラ桃色組上野公演♪』の司会で、連日大勢のお客様方にお越し頂き、大賑わいな毎日でした! この原稿を書いてる時点ではまだ先なのですが、10月から11月上旬にかけては『桜田伝次郎・悦虐飼育残酷浣腸排泄劇』『妄想の高回転』『Nudeing Blood in Halloween』『TOKAI Fetish Spirits Vol 4』『ギャルパラ桃色組岐阜公演♪』と、ありがたいことにイベントスケジュールが詰まっております!

次ページ、松本格子戸がストリップ舞台用語を徹底解説!