【風俗ニュース】チャイナマネーを片手に日本の女を爆買いツアー?! 中国人風俗コーディネーターたちが語る、これが中国人観光客『夜の爆買い』事情!!

top2

ここ最近、年々増え続けているのがアジアを中心とした外国人観光客だ。大阪では街のいたるところで観光客たちが爆買いする場面を見かける。だが、それは夜の街も例外ではないという。ミナミのキャッチはこう説明する。

観光客の爆来で繁華街でも増える中国人スタッフ

「不景気の今は日本人よりも中国人観光客の方が財布のヒモも緩い。大阪のキャッチも今は中国人たちに話しかけ、可能な限り店に連れて行くようにしています。中国では日本の女のコが根強い人気を誇っていますから、観光客もせっかくだから遊びたいと思ってる。ただ、中国人は『もっと安くしてくれ』と平気で値切ってきたり、店が気に入らなかったら、そのまま何も言わずにお店を出たりする。おまけにサービスに対するクレームも多く、店側と喧嘩したりとトラブルになることも多々ある。だから僕らも扱いにはかなり苦労してますよ」

 もちろん店によっては『中国人お断り』を掲げるところも。中国人観光客のコーディネーターもこう語る。

「大手の風俗店や飲食店などは大抵、コーディネーターがついていなければ中国人観光がお断りとするところも多い。中国人だけに行こうとすると入店拒否されたという話はよく聞きますね。まぁ、その気持ちは分かります。コーディネーターがいなければ日本のルールが分からない。だから店に行く前に我々が何をしていいか、悪いかを中国語で説明する。『中国人はマナーが悪い』とよく言われますが、それはルールを知らないだけ。向こうでは当たり前なことも日本ではダメな場合がある。しっかり説明すれば揉めることは少ない。中国人だってせっかくの旅行先でトラブルを起こしたくないというのが本音ですよ」

 そこで近年、夜の街で求められているのが中国人スタッフだ。好景気に沸く中国では日本へ留学する中国人の若者も珍しくなく、店側も増え続ける中国人の対応策と留学している中国人たちを店に立たせるケースも少なくない。

「店の女のコたちも英語は話せても中国語は喋れるコはあまりいない。店側も店に1人は中国語の通訳ができるコが欲しいから留学生たちを積極的に雇っています。留学生たちも一般的なアルバイトよりも給料が良いから喜んで働いていますよ。元来、中国人は働き者だから評判もそこまで悪くない。ミナミのガールズバーの中ではすでに中国人スタッフがリーダーで働いている店もありますよ」(在阪の風俗ライター)

 ちなみにこの中国人スタッフの需要は一部の在日の中国人たちの中では一つの利権にもなりつつあるという。

「大阪ではすでに日本に住む中国人たちのコミュニティが出来ていて、その中で仕事を斡旋したりしています。『仕事あるよ』と言って、留学生たちに声をかけているんです。仲介料を取って懐に入れるあくどい奴もいます」(コーディネーター)

 歓楽街の中国人求人さえも一大産業となりつつある大阪。いかにも商売上手な中国人たちらしいシステムである。

(掲載元=ズバ王
(記事構成=デラべっぴんR)