【体験マンガあり】マジで痴漢が好きな人妻に遭遇!パンティーの脇から指を入れたらすでにソコはヌルヌル♡【気になる風俗勝手に通信簿】

i-036

続きは本文で

人妻だって触りたい? 痴漢は男のみならず!

夏です、痴漢のシーズンです。といっても、公共の場での痴漢行為は最低の犯罪。けっしてヤッてはいけません。やって許されるのはイメクラのみです。

さて、イメクラ好きの記者は夏に限らず痴漢夜這いをしに行きますが……

今回は、マジで痴漢が大好きな嬢に遭遇!

最初からアイマスクをしているので、素顔が分からないというのも、お互いに燃える設定であります。

で、意外に硬めのオシリを撫でながら、勃起した股間を押し付け、さらにブラの中に手を差し込んで乳首をつまむと、もうそれだけで全身が汗ばみ、火照ってくるのが分かるんです。

さらに、パンティーの脇から指を入れ、小陰唇を広げるとソコはヌルヌル

ローション仕込んできた?

と聞くと、恥ずかしそうにかぶりを振るのでした。

その後の展開はマンガを読んでいただくとして……発射後にまったりしながら彼女に聞くと、なんと、昼から夜まで週5で出勤しているそう。しかも、帰ってから毎晩寝る前にオナニーを欠かさないという鉄マン妻だったんです!

私、この季節になると、満員電車の中でYシャツ一枚のサラリーマンとかに胸や股間を押し付けたくなっちゃうのよねぇ(笑)

女性もムラムラする季節のようですが……チカン、アカン!

i-036 2

イメクラのトホホ話!ハードル高い金髪系?

イメクラの発祥は、90年代半ばに趣味のサークルとして存在していた「夜ばいクラブ」だといわれております。評判を知った風俗店がコースに夜ばいを取り入れ始めて現在に至り、痴漢や制服系など、ジャンルも多岐に渡るようになりましたが……。

どうも、慣れない男には「ハードル高くね?」というジャンルも存在します。

記者が体験した一番「ノリきれなかったイメクラ」! それは金髪イメクラなんですが……金髪といっても、ガイジンさんが出てくるわけではなく、日本人の女のコが金髪のズラをかぶってガイジンのフリをするという、昔のヘルスの悪ノリ的なイメクラだったんですよね。

当の女のコも照れくさそうだし、ガイジンとはかけ離れた純日本人体系。結局はズラをはずしてもらって、フツーに素股で発射……みなさん、イメクラは自分にあったジャンルを見つけてくださいね!

【勝手に通信簿】(年齢・28歳/料金・60分1万6000円) 
接客態度………A
ルックス………A
スタイル………B
総合96点
先生から一言! HPは顔モザイクでしたが、アイマスクを取るとスケベそうな濃い目のメイク。アソコもパイパンで、大変よく出来ました!

(取材/カズ宮下 マンガ/さつき優 掲載/「実話大報」2016年9月号)