【四国裏風俗ルポ!!】地元の人妻が夜な夜な男を求めて街中に立つ!! 60分1万円でなんと中出しまで♥ 徳島鷹匠町ウラ風俗潜入レポート!!

TOP1

日本全国の知られざる裏風俗を取材班がめぐる風俗漫遊記。今回は四国は徳島の裏風俗を潜入ルポ!!

美熟女の子宮不覚に濃厚なザーメンをブチ撒けた

◯真っ暗な住宅街に立つ怪しい美熟女

徳島鷹匠町☆立ちんぼ 60分/1万円

徳島駅は観光客で賑わっていた。裏風俗街まではタクシーで向かった方がラク

徳島駅は観光客で賑わっていた。裏風俗街まではタクシーで向かった方がラク

 徳島駅から歩いて10分ほどの場所に鷹匠町の風俗街が広がっていた。路上には客引きが大勢いて、ひっきりなく誘われる。そんな喧噪を抜けると、今度は一転ひっそりとした暗がりに出る。小さな街は風俗街から外れると、もう住宅街だった。

 街灯も少なく真っ暗な路上には、ポツンポツンと立ちんぼが立っていた。どんなコなんだろうかと目を凝らすも、あまりに暗すぎて全く分からない。

 細くてスタイルの良いコだとは、なんとなく分かるのだが、女の子から1メートルくらいまで近づかないと顔は見えないのだ。そんな記者の様子を見て、ニッコリと微笑みかけたのが、今回最初に遊ぶことになる44歳の聡美さんだった。

立ちんぼは40代半ばがメイン。レベルは高くないが、遊んだ聡美さんだけは別格の美熟女だった

立ちんぼは40代半ばがメイン。レベルは高くないが、遊んだ聡美さんだけは別格の美熟女だった

 一旦、交渉が始まると話は早く、スグに近くのホテルへ直行。聡美さんは地元の人妻で、旦那に内緒で小遣い稼ぎに来たと教えてくれた。ディープキスすると吐息が途端に漏れ始め、右手が肉棒をまさぐってきた。

「舐めさせて。いいでしょ?」

 洗ってもいない肉棒を人妻は一心不乱にしゃぶり始め、同時に自らオマ◯コを弄る。ベッドに押し倒してクンニすると、熟女のクリちゃんは綺麗なピンク色で、蜜壺からは白濁した本気汁が滴りグチョ濡れだ。

 辛抱たまらず枕元に置いてあるスキンを取ろうとしたら「生でして!」と懇願された。想定外の生挿入は、熟女のビラビラが竿にまとわり付くので、ピストンした途端にイキそうになる。

「あんっ、出してっ、出してっ」

 最後はギュッと締まったオマ◯コに強制中出しさせられた。

window01

次ページへ