【これはエロい】女性ライターが「女性用性感マッサージ」を体験レポート!! 細マッチョマッサージ師にリンパ流されまくり、膣かき回されまくりで腰も脳もトロットロに!?

★シェアお願いします


股間も頭もびしょびしょのトロトロに…

腕のマッサージを優しく揉みながら、K君は私の指先を口の中に入れ、いやらしい音を立て始めます。
えっ、指先舐めてるだけなのに、なんでこんな気持ちいいの!?
と、脳内はパニック。アイマスクをしているせいか、音と温かな舌の感触が余計にエロく感じます。

首元からバストのマッサージへ移っても、やっぱりじらされます。少しずつ乳房を揉み始め、やがてバスタオルを外して乳輪を指でなぞったり舌先で舐めたりするのに、乳首だけはなかなか触ってくれません。

グズグズに濡れているのに、肝心な場所はなかなか触ってもらえず、体は熱くなるばかり。こ、こんなの初めて!

K君が、温かな口内に乳首を含んで舐め始めた時、自分でもビックリするくらい嬌声をあげてしまいました。

そして、乳首、耳、首元、腰、脇などの敏感な場所を舐めながら、やっとクリトリスを触ってくれます。嬉しくて、もう声が抑えられません。


クリトリスを刺激しながら、膣に指を挿入。力強くガシガシ動かさず、柔らかに同じテンポで動かします。気持ちよくて、思わず体がエビ反りに。
この間、K君はずっと「じゅんちゃん、綺麗だよ」「可愛いよ」と囁いてくれます。全肯定されてる感じが、心地いいです。

「ここ、なんだかわかる?」

と、恥骨の内側の膣壁を円を描くようにゆっくりさすられましたが、

「じっ…ジ、スッ…!」

と、「Gスポット」すら言えない始末。潮がダラダラと漏れ続け、腰の周りのバスタオルがビショビショになっていくのがわかりました。
乳首、クリトリス、Gスポット、さらにはポルチオまで攻められ、腰も脳もトロットロになったところで、無情にも時間終了。

終了のタイマーが鳴っている間も、K君は頑張ってイかせようとしてくれたのですが、遅漏にこれ以上付き合わせたら申し訳ないので、ここで終わらせることに。
終わった後はしばらく放心状態で、

「ありがとう…すっっっごい気持ちよかった…!」

と、K君に何度もお礼を言いました。

残念ながら、イクことはできませんでしたが、最後の30分間は喘ぎっぱなし漏らしっぱなし涎垂れまくりで夢のような時間でした。

img_5711
帰りはK君と駅まで手をつないでは歩き、駅の前でお別れしました。
なかなかイかなくて厄介な客だったはずなのに、嫌な顔一つせず根気よく付き合ってくれたK君。しばらくはオナネタにさせて頂きます。
2時間18000円で、本格的なマッサージとプロの手マンを味わえて大満足。
これはクセになっちゃうかも…!?

(文:藍川じゅん)

あいかわ・じゅん
元ピンサロ嬢・元キャバレー嬢。
現在は性欲過多なパートのおばさん。
会社のトイレでオナニーするも、遅漏のためイけず。
ハンドルネームは永田王。
◉Twitter:@hakiinu

※記事内の画像はイメージです