群馬はアジアン娘と出会える知る人ぞ知る本番天国♥ 一発屋、マ◯コ屋、本サロ、連れ出し旅館etc…【全国フーゾク定点観測】

★シェアお願いします

元日には実業団駅伝が繰り広げられる群馬の地で、一人オマ○コ駅伝を敢行し、夜のネオン街を激走してみた!

強く抱き付くコリアン娘のカラダは汗ダクだった

太田・一発屋/60分1万円

 引っ切りなしに 客引きが誘う名所 

 太田駅から歩いてスグの飯田町に向かうと、昼間はひっそりとしていたのに陽が落ちかけるなり、どこからともなく怪しい客引きたちが現れ始めた。かつては一大本サロ地帯だったが、摘発によって本番遊びの主役は看板も掲げていないような一発屋に変わっている。

太田駅前のロータリー。駅のすぐ背後にはスバルの大きな工場が控えている。

 街を歩いていると、とにかく嫌になるほどしつこく客引きに誘われる。

「顔見るだけでもいいからさぁ」

 そう言ったのは、色っぽい熟女アジアン。パネルを見るだけでも良いと言うから店に入ると、6人のアジアンの写真を見せられた。  うーん、なかなかのハイレベルだぞ。冷やかしのつもりだったが、急遽ハメてみようと考えが変わった。

 女のコは全員20代前半のコばかり。全てアジアンだが、中国人と韓国人がいる。迷っていると客引きの熟女が「正直、肌がキレイだから韓国のコが人気あるよ」と言われ、コリアンを指名した。狭いヤリ部屋でご対面したのは21歳のスーちゃん。丸顔で朗らかな感じが好印象だ。

 ベッドインして、スーちゃんのDカップ乳首を愛撫しながら指マンすると、濡れるにつれてオマ○コがガバガバに緩んできた。指が2本、3本、4本と瞬く間に飲み込まれて、ひょっとしたらフィストまで行けるかも知れない。

看板すらまともにない一発屋に少し恐怖した

 ガバマンだが、中はザラザラだし、キュッキュッとヒク付きながら締まるので、なんだか早く挿れたくなってきた。フェラでギンギンにしてもらったら、正常位から合体した。

「ああ、おおぅ」ケダモノみたいな喘ぎ声のコリアンに一瞬驚いたが、次の瞬間、痛いくらいに竿を締め付けるオマ○コに自然と腰使いも荒くなる。

「オッパー、スゴイよ、死ぬー」

 眉間に皺を寄せて悶えるスーちゃんに、もう辛抱たまらなくなって、暴発気味にドッピュンしてしまった。

前橋・マ○コ屋/30分1万円

 堂々と本番営業を公言するマ○コ屋 

ネオン街から外れたこんな寂しげな場所にも本番スポットがあったのでビックリ仰天した

 前橋駅で下車して10分ほど歩いて行くと風俗街の千代田町に到着する。界隈にはキャバクラが多くて、けっこう人通りも多い。黒服の客引き兄ちゃんに付きまとわれたので、それを敬遠して路地に逃げ込んだら、そこでも客引きに声をかけられた。

 ヨレヨレの私服を着たおじさんが誘うので業種を尋ねると、思いがけない返答が返ってきた。

「オレ、マ○コ屋だよ。マ○コ屋」
「おじさん、ストレートに言うね」

 ココから一気に気心が知れて、話がまとまると、これまた何の店だが分からぬ怪しげな店に案内された。そこでご対面したのが三十路の早苗さんだ。肉付きのいい女体はFカップの巨乳で、キスをしながらモミモミすると「はぁん」とスグに吐息が漏れてきた。

風俗一緒に染まる街、男性天国の前橋

 敏感な女体に興奮が昂り、太ももからデルタ地帯へと向かって舌を這わせると、女体から力が抜けて記者の身体へ崩れ落ちてきた。熟女に肉棒を突き出すと潤んだ瞳でジッと見つめて懇願された。

「あん、おっきくするから早く挿れてね」

 激しいフェラで固くなった勃起棒を正常位から突きまくると、悲鳴に似た喘ぎ声がヤリ部屋にこだました。

「当たってる、子宮にガンガン当たって凄くいいの!」

 頭を左右に振って悶える熟女に征服感を満たされながら、男汁を放出した。

次ページへ!