「パイズリをしてあげるたび、パンパンに張ったオッパイから真っ白な母乳が激しく溢れ出すんです…」28歳人妻のアブノーマル告白手記!!

★シェアお願いします

妊娠出産後バストサイズがCからGカップへと巨乳化したという人妻の左知子さん(28歳・仮名)。隠れ巨乳好きの夫は気が狂ったように彼女の胸にしゃぶりついて…。

出産直後の張りに張った乳房からは、驚くほど大量の母乳シャワーが溢れ出して…

春菜 左知子さん(28歳・仮名)

●以前はCカップだった胸のサイズが、妊娠出産後に一気にGカップにまで巨乳化。実はダンナは巨乳好きだったが、これまで言えなかったのだという。

「あぁぁぁ、このフカフカした柔らかい感触、たまんねぇ!」

 結婚して4年目になる主人は、最近エッチの度に私のオッパイに顔を埋めながら、こう叫びます。以前の主人はいわゆるクールなキャラ、だったはずなのですが、しかし現在、その姿は見る影もなくなってしまいました…。

 夫がこうなってしまったのは、最近、妊娠出産したことで私のオッパイがCカップからGカップへと一気に大きくなったから。実は主人はもともと巨乳好きだったのですが、これまではCカップしかない私に遠慮して言えなかったんだそうです。

 もっとも、私はそんな主人も決して嫌いではありません。だって、たとえパーツの一部にせよ、私を愛してくれているのに間違いないわけですからね。

「前からお前にパイズリしてもらうのが夢だったんだ!」

 なんて正直に言われれば、なんとか応えようと思います。まず仰向けになって寝た主人の上に覆いかぶさる形になり、オチ○チンをオッパイで挟み込みました。すると夫の表情は早くも蕩けっぱなしです。

 そして、彼が用意してくれていたローションを胸元に少し垂らしてパイズリ開始。左右のオッパイを交互に擦り、オチ○チンを刺激していきました。

「どぉ? 気持ちいい?」
「最高だよ! オレもういつ死んでも悔いがないね!」

 実際に死んでもらったら困りますが、ここまで喜んでもらえたら嬉しくなります。パイズリも自然と激しくなっちゃいます。すると強い刺激により、パンパンに張ったオッパイから母乳が噴き上がりました。そして母乳がオチ○チンを濡らした瞬間、同時に主人の亀頭から大量の精液が放出されたんです。

 現在こうして愛してもらっていますが、不安もあります。だってこの先、母乳が出なくなり、オッパイが萎んじゃったらどうなっちゃうんでしょうか…。

(記事引用元=ズバ王