逆ナンの穴場!?オカマスナックにきてた熟女ふたり組のえげつないエロ行動!…【裏ネタから役立つ情報まで!】〜タレコミ情報(ネタ元、松本雷太・風俗ライター)

★シェアお願いします

オカマスナックには、おひとり様の女性客が意外に多い!

オカマのスナックに来る女はエロいことが大好き

ナニが悲しくてオカマと遊ばにゃならんのよ

なんて毛嫌いしている読者諸兄も多いでしょうが……

そんなアナタ、人生ソンをしていますぞ!!

熟女客ふたりが記者の股間を触診

先日、都内の某繁華街を歩いていたとき、数年前に入ったことがあるオカマスナックの看板を見かけ、懐かしくて入ってみた記者。

店内はカウンター席に4、5人も座れば満席。その夜は、女性ふたりの先客があった。

ママであるジイさん(推定70歳)に1万円を払い、飲み放題コースで水割りを飲み始めると、すぐに先客の女性が話しかけて来た。

最初は少し歳のいったお局OLかと思っていたが、よく見るとすでに熟女の域である。が、その分トロけるのも早く、話が下ネタになると、さっそく記者の太ももやら股間やらをなで廻してきた

したいようにさせながらエロトークをしていると、なんと熟女の手が記者のズボンのファスナーを下げ、ボクサーパンツの上からサワサワと指を踊らせるではないか。

しかも、最初はひとりだったが、もうひとりの熟女も加わり、乳首からチ●ポまで触りまくってくる。こんな天国みたいなパーなら、毎日来ようと思っていたが、やっぱり落とし穴があった。

オカマなのに焼きもちを焼いたのか、ジジイママが、

「もう時間だから帰りなさいよ」

と言うじゃないか。通常のオカマスナックなら、ノンケの男女が客で来ていればくっつけてくれることが多いのに、なんだこのジジイは!

ということで、熟女とメアドの交換をしてさっさと店を出ることにした記者。ところが!

実は担当編集のKも、オカマスナックで出会った熟女と即マン経験があるとか!

ジジイが取り持つ熟した大人の関係

電車に乗ろうとしていたとき、スマホが鳴った。さっきの熟女からのメールだ。

「マスターの機嫌が悪くてごめんね。今、店出たんだけど、飲み直しませんか?」

ウホホーイ! 待ってましたとばかりに熟女と落合い、バーで軽く飲み直し、もちろんその後はラブホへ!

くそジジイ、ザマーミロ

心の中でそう思ったとき、ある思いが心をよぎった。

あれ? もしやこれって、ジジイの粋な計らいだったのかも……?

そう思って感謝しながら腰を振った記者。それにしても、オカマバーに来ている女性客ってのは、話が早くていい。皆さんも、「オカマ嫌い」なんて毛嫌いしてるとソンですよ!

(掲載/「実話大報」2016年12月号)

あなたの情報求む!

あなたのとっておきの情報、体験談を編集部にお寄せください! 素人女性との美味しい体験談、変わった風俗発見、本●店情報、エロ絡みの事件簿などなど、エロ関係のネタなら大歓迎!採用された方には新作AVをプレゼントさせていただきます。
下記のフォームからペンネーム・メールアドレス・タレコミ情報と、新作AVプレゼント(商品は選べません)を希望される方は住所とお名前(年齢)を併記して“送信ボタン”をクリック!たくさんのご応募お待ちしております。