【海外風俗ルポ】これからオフシーズン価格でイケるゾ!!日本人好みな清楚系アジアン美女の宝庫♥ミャンマー・ヤンゴンの桃色ナイトツアー!!

★シェアお願いします

以前は軍事政権の危ない国というイメージしかなかったミャンマーですが、民主化が進んで安心して行けるようになり、同国を訪れる日本人観光客も倍増! 夜遊びも楽しいヨ♥

東南アジア最後の楽園・ミャンマーを遊び尽くす!!

◯軍政から民主国家になり夜遊び旅行も安心です!

 東南アジア最後のフロンティアと呼ばれているミャンマー。これまで長きに渡り軍事政権だったこともあって、気軽に遊びに行けるような国ではなかったのです。それが昨年暮れに実施された総選挙で、アウンサンスーチー氏率いる民主化勢力が大勝利を収めたことで一気に変化。世界に開かれた国となりました。

ヤンゴンの夜は、男性諸氏にとっても楽しいことがいっぱい!

 タイのバンコクから飛行機に乗れば1時間弱で旧都ヤンゴンまで行ける近さもあって、安心して行けるようになった今、ミャンマーへ遊びに行ってみようという海外からの観光客が増えています。

 ミャンマーにはヤンゴンにある荘厳な仏教寺院シェダゴンパゴダや、崖っぷちにあって今にも落ちそうな場所にある巨大な聖なる岩バゴーなど、世界遺産級の見所が多くあり、日本でもミャンマー観光のツアーが人気になりそうです。

 モチロンこうした表側の観光も魅力的なのですが、美女に目がないお父さんたちにもミャンマーは注目の国でもあります。と言うのもミャンマーは東南アジア有数の美女大国でもあるからなんですね。

 なぜミャンマーには美女が多いのかと言いますと、それは少数民族が集まった多民族国家だからなのです。同族の数が少ない少数民族は、婚姻を繰り返して行く中で優れた遺伝子が研ぎ澄まされる傾向にあり、それが女性の場合には美しさとなって現れると言われています。そのため少数民族には美人が多くなるのです。

長らく鎖国に近い状態だったミャンマーでは所得も低く、質の良い化粧品などが流通していなかったため、化粧っ気のない女性が多いのです。それであっても本来の素材、整った顔立ちの美しい女性ばかりなので、美人好きにはたまらない国と言えます

 しかもミャンマーには様々な少数民族がいるので、タイプの異なる美女がワンサカ。清楚タイプの美女もいれば、目鼻立ちがクッキリした妖艶な美女もいる。こんな話を聞いてしまうと自分の目で確かめたくなっちゃいますよね(笑)。

 日本からの直行便は限られているので、行く場合にはバンコク経由が一般的。バンコクからなら数多くの便が飛んでいるので、それほど高くない料金で行くことができます。

次ページへ