【中出し姫・湊莉久インタビュー】単体女優はその1本に賭けてるじゃないですか。そのプレッシャーがどんなものなのか知らなかったんです【前編】

★シェアお願いします

復帰となると、ハードルも上がるじゃないですか「湊莉久ってこんなもんか」っていうのが一番イヤでしただから満足できるような状態じゃないと復帰したくなくて

09-01

湊莉久、専属女優になりその重さを知る

——今回復帰されますが、どの位お休みしていたんですか?

 2月から7月までですね。

——お休み中は何を?

 イメージDVDと写真集、カレンダー、あとイベント。それとKÜHN(キューン)の活動をしてたり、なんだかんだで動いてましたね。
※KÜHNは湊莉久ちゃんが所属していたAVアイドルユニット。2015年10月9日に惜しまれつつ解散。

——お休み前とお休み中で忙しさは変わりました?

 お休み前は週に5日間はお仕事をさせてもらってました。お休み中もお仕事あったんですけど、1日中じゃないですから。正直ヒマだったんですよ、私にしてみたら(笑)。

——そんな時は何してたんですか?

 全然記憶に無いんですよ。「ヒマだなー」って言ってゴロゴロしてと思うんですけど(笑)。

——では、ほぼ半年ぶりの撮影はどうでしたか?

 今回teamZERO専属になって、ドキュメントでカメラが密着してて、やったことないことばかりでどうしたらいいか分からなかったです。それに「湊莉久ってこんなもんか」っていうのが一番イヤだったんですよ。
復帰となると、ハードルも上がるじゃないですか。だから、自分が満足できるような状態じゃないと復帰したくなくて。

——なんかスポーツ選手みたいです(笑)。今までのキカタンから専属っていうのは感覚は違います?

 うーん…、なんか月イチしか撮影が無いっていうのが違和感があって(笑)。単体女優はその1本に賭けてるじゃないですか。そのプレッシャーがどんなものなのか知らなかったんですよ。

——たくさんの作品が集まって「湊莉久」が作られていた今までが、1本になるわけですもんね。

 そこが凄くプレッシャーで。

久しぶりのAV現場で思わず泣きそうに……

——久しぶりにAVの現場に入った時はどうでした?

 すっごく泣きそうになりました。

——まだ始まってもいないのに(笑)。

 (笑)。今までいろんな現場でお世話になってたスタッフさんが偶然現場にいてくれて、「わー帰ってきたんだ!」って思いました。

——新しいことはやってるんですか? それとも今までのブラッシュアップみたいな感じなのかな?

 湊莉久の「今まで」「今」「これから」を全部入れてるんです。
「今まで」が一番売れた『理性の吹き飛んだ美少女と中出し性交』(MOODYZ)だったので、中出し。
「今」の部分は初めて完全にホントのプライベートの自宅で撮っているんです。
そして「これから」が一番最後にある「復帰&専属、本気の中出し3P」になります。

——「半年ぶりのセックス」とありますが、何も無かったんですか?

 残念ながら一切無かったんです(笑)。ホントにもうゲームしかしてなかったんです。

——それは良かったような、女としては良くなかったような(笑)。

(掲載:『月刊DMM11月号』)

●インタビュー後半はコチラ↓

前はカメラを意識しない撮影が苦手で…半年ぶりの撮影だから素でできましたインタビュー前半では復帰についての意気込みを語ってくれた湊莉久ちゃん。...
みなと・りく
1993年8月1日生まれ
T160/B82(E)W58H83
神奈川県出身 A型
趣味・特技:運動、読書、料理、買い物
Twitter:@riku_minato

【閲覧注意】ここから下はプレビュー画像が続きます!!
team00071jp-2
team00071jp-8
team00071jp-6
team00071jp-1
team00071jp-3
team00071jp-7
team00071jp-5