京橋・闇スナック30分1万円〜滝井新地 ちょんの間30分1万1千円まで、雌臭が路地に充満する大阪闇風俗夜の巡回潜入!!

★シェアお願いします

京橋・闇スナック 30分1万円

◯無愛想な客引きと対照的な女のコ

 京橋駅を下車して国道方向へ歩いて行くと、飲食店や一杯飲み屋が軒を並べている。  東へ向かうと、スグの場所には一転、風俗街が広がっていた。

 風俗ビルを覗いて見ると熟女店が多い。ホテヘルやヘルスがたくさんあって、ヌクには困らなさそうだ。試しに「最後までってヤレますか?」と尋ねてみると、どの店でも首を横に振られるばかりで残念だった。

 京橋には広範囲に渡ってポン引きが立っている。国道から京橋駅にかけてのエリアに立つポン引きは、主に三十路から四十路の熟女を紹介した。

「もっと若いコとかいないの?」「それやったら(ホテル街を指さして)アッチやわ」教えられたエリアは国道1号線を超えた辺りで、確かにそのエリアのポン引きは20代前半のコをたくさん囲っていた。

 深夜の街をうろつくと、思わぬ発見が多い。「エエとこ連れて行ったるわ」そう言われてオヤジに案内されたのが、得体の知れぬ闇営業のスナックだった。店の中にはカーテンで仕切られたヤリ部屋があり、卑猥な声が漏れ聞こえる。

いきなり声をかけて来たオヤジは、店へ案内するまで一度も振り向かない。店に対する自信の証か

 そこでお相手してくれたのが38歳の聡美さんだった。やや豊満気味の女体だったが、胸は巨乳。乳首を軽く愛撫しただけで「はぁん」と喘ぐ超敏感ボディだ。

 プレイ中もおしゃべりで「オメ○ぎょうさん弄ってや」と笑いながら言うも、実際にクリを責めたら、途端に悶えて淫乱なメスと化す。

「おち○ぽ早くブチ込んでぇ」大股を開いてカモンポーズをする熟女と正常位でまぐわうと、背中に爪を立てて泣き喘ぐ。「許して、堪忍、堪忍して」耳元で熱い吐息を感じなら、辛抱たまらずドッピュンしてしまった。

風俗街からは離れた場所にある店。夜でも看板の灯りが消されていたのが怖かった

次ページへつづく