【速報レポート】美人ライター・アケミンが親公認AV女優をインタビューした『うちの娘はAV女優です』出版記念イベント!  トークでは紗倉まなちゃんの親子関係やカンパニー松尾監督の壮絶親バレ体験も語られ、スペシャルゲストに表紙のあの女優さんも登場!!

★シェアお願いします

一条綺美香さん

スペシャルゲストに一条綺美香さんと
桜井よしみちゃん(元・桜井あゆちゃん)が登場!!

2部ではいきなりスペシャルゲストが登場。そのゲストとは人気熟女女優の一条綺美香さん

登場するなり「おばさんの一条綺美香です」と挨拶しますが、全くおばさんではありません! 今回はカンパニー松尾監督とのハメ撮り映像が公開され、カンパニー松尾監督は「一条さんはカラミがすごい!」と絶賛。

映像ではセックスの最中に「チ〇ポ! チ〇ポ!」と絶叫。しかし、事が終わり絶叫していたことを聞かれると「えっ? 何言ってたか分からない」と答えたという一条綺美香さん。

「いまだにチンとかマンとか言えないんです。こういうとき(セックス中)は素だから言ってる」とのこと。セックスの時が素とは素晴らしいじゃないですか!

桜井よしみちゃん

また2人目のスペシャルゲストとして、書籍の表紙に親子で写っている桜井あゆちゃんこと桜井よしみちゃんが登場。「みなさんご無沙汰してます。元・桜井あゆです。いまは桜井よしみとして活躍しています」と挨拶。

桜井よしみちゃんの母親は書籍のカバー写真を見て「もうちょっといい写真あったんじゃない? シワを隠してよ」と言ったそうです。しかし、インタビューを読むと「お母さんも全ページ読んだけど『アナタもお母さん思いなところがあるんだね』と涙を流し泣いていました」と感動的なエピソードを語ってくれました。

AVというジャンルは世間、家族からなかなか認知されないジャンルですが、今回のイベントだけでもAV女優、AV監督、AVライターと様々な家族模様が見られました。

最後の挨拶では紗倉まなちゃんが「女優さんの経歴とか偽りのない本音を語る機会はどんどん増えている気がするんですけど、活字とかの媒体で読むと全然違うと思っています。自分はここに書かれている10人の女優さんとは生き方が違いますけど、苦労や葛藤があっても表舞台に立つ明るい女優さんも沢山いらっしゃって、世間一般が抱いている偏見を打ち砕くような素敵な女優さんがいる業界なので、奥行きを持って女優さんを見ていただける機会がこれからも増えたらいいなと思いました。
あと、いちばん今日印象的だったのは松尾さんと週刊誌のわだかまりがすごく好きでした。また、ぜひこういう機会があったらよろしくお願いします」とAV女優としての誇りを語ってくれました。

今回、書籍を出版しイベントの司会進行も務めたアケミンさんは「今回はこういう機会を作っていただきましてありがとうございます。本を出せるということは自分の夢でした。本を出すときに松尾さんからメールをいただいて言われたのが『AV女優さんの不思議な魅力を伝えて下さいね』というのをすごく覚えています。
そもそも、この本は魅力を伝えようと思って書いていたわけではなく、面白いなと思って書いたら、反響や読んで下さる方も多くなりました。結果的に魅力を伝えられていると思ってもらえるのは、すごくありがたいなと思って、(カンパニー松尾監督からの)その一言が励みになったんですよね。必ずしもこんな素晴らしい商売なんだよって書こうと思ったわけでもなく、ただ私が単純に女優さんたちに話を聞いてみたいというのが動機だったんです。実際、親バレで悩んでいる子も読んでくれたりして、お役に立てばいいなと。まなちゃんが壁を突いているんじゃないかと表現したけど(紗倉まなちゃんの最新刊『MANA~紗倉まなスタイルブック』の中で「AVへの“偏見という鉄製の分厚い壁”を、アイスピックくらいの小さい工具でほじくっているような気持ち」という一文があります)、私もペンの先で突けていればいいなと思って手ごたえを得ている感じなので、また引き続き書き続けていきます。今日はありがとうございました」と締めの挨拶をしてくれました。

イベント後の著者サイン会では長蛇の列ができ、ひとりひとりに声を掛けるアケミンさんが印象的でした。

最近はアダルト雑誌も減少しAV女優のインタビューを読む機会も少なくなりましたが、今回、発売されたこの『うちの娘はAV女優です』を読んで、またAV女優の新たなる魅力を感じてみませんか。まだまだ、アダルトには新発見できることが沢山ありますよ。

(撮影・取材KKフォトグラフ

関連商品

MANA MANA SAKURA OFFICIAL STYLE BOOK

商品の詳細を見る