【セレ友・白水力代表がセレ友の人気シリーズについて語る!】「イチャLOVEデート」をはじめ、若い女優さんの撮影も増えていますが、「若けりゃ何でもいい」みたいなことではキャスティングはしていません!

★シェアお願いします

社風は「我が道をイク〜」“オンリーワン”のメーカー【セレブの友 】
代表プロデューサー・白水力の業界独り言コラム 第20回

セレブの友の人気シリーズ〜「イチャLOVEデート」について白水力代表が語ります!

セレブの友の人気シリーズ「イチャLOVEデート」。シリーズ第一作目の女優はDMMアワード2016最優秀女優賞を授賞した大槻ひびきちゃん! その後も、波多野結衣ちゃん、風間ゆみちゃんと人気女優に出演していただき、人気シリーズとなっています。
実はこの作品を撮るに至るまでに、いろんな女優さんの本音や、いろんなユーザーさんの意見を聞きました。

セレブの友は基本は熟女メーカーです。ただし、僕の熟女の定義は少し変わっていて、若くても熟女としてリリースすることもあります。
これは年齢詐称とかでなく、若くても熟女ジャンルが好きなユーザーさんに受け入れられるような、熟した大人の色気を持った女優さんもいるからです。

少し話がそれますが、これを読んでいるみなさんのほとんどは、イチAVユーザーさんですから、メーカーがどのくらい儲かっているか? 女優や男優のギャラっていくらなのか? などいろいろな疑問があると思います。

メーカーがどのくらい儲かっているか?
これも一口に時代と言いますが…リリースすれば売れる時代なんてとっくに終わっており、今の時代は「まずは元を取れる作品作り」なんですね。
DVDを売るだけではすでにメーカーを維持することが不可能な時代になってしまっているのです。時代はものすごい勢いで変化をしていて、現時点では、ネット配信の売り上げなくして、メーカーは成り立たない時代になってきています。

また、最近では急速な右肩上がりでスマホ視聴するユーザーもかなり増えています。つまり、これから先、メーカーはスマホでも見やすい作品創りをしなければならないのです。
もしこれを突っぱねて「うちは今まで通りDVDの売り上げだけでいいんだよ…」みたいな考え方でいたら、間違いなく一年後には、うちの会社は無くなっていると思います。

DVDユーザーと配信ユーザーは多少違うとこもあるようで、年齢層が格段に配信ユーザーのほうが若いように感じます。
そんなことも含めて、若いユーザーを意識しているから、「イチャLOVEデート」をはじめ、若い女優さんの撮影も増えているわけなのです。
ただ、ちゃんとこだわりもあって「若けりゃ何でもいい」みたいなことではキャスティングはしていません。
さきほども書いたとおりに、若いのに妙に落ち着いた感じや、熟した色気が見え隠れしていたり、あとは声とかにも注目しています。

話を戻します。今回のテーマの…「イチャLOVEデート」のシリーズは、男女問わず、またDVDユーザーにも配信ユーザーにも受け入れてもらえるのでは? また、ヘビーユーザーにもライトユーザーにも受けるのでは?そんな感じの企画です。

ごく普通の男女のカップルの、ごく普通のデートと営み!
女優さんには、プロデューサーの立場である僕はいつも一言だけ言います。

“カラミ”はしないでね…“セックス”をしてね…と!!

そんなAVが減っているからこその発想です。本来は業界の流れや、時代の流行りに乗るのが一番楽だし、リスクもないんですがね。

でも、常に挑戦、そしてオンリーワンメーカーとして、いつも突っ走ります。

_MG_9619
(文:セレブの友 白水力

▼配信中のセレブの友作品はコチラでチェック!

セレブの友