【上品な中にエロスを秘めた19歳・佐々波綾インタビュー】「もともとエッチなことが好きでしたが、撮られながらのSEXはアブノーマルで楽しむことができました」前編

★シェアお願いします

昨年アリスJAPANからデビューした佐々波綾ちゃんインタビュー!
丁寧な物腰中からところどころ覗くエロス、なかなかの逸材と見ました!
インタビュー前後編でお送りします!

あまりに丁寧な対応に取材するこちらが騒然

佐々波綾 (会うなり)佐々波綾です。よろしくお願いします!

——うぉっ! 女優さんから先に挨拶されるパターンは初めてですよ! 礼儀正しいですね!

 いえいえ、そんなことないです。

——いやー、礼儀正しいしかわいいし。それでなぜAVに?

 恵比寿マスカッツに憧れていたのが一つと、新しい世界を見たいと思ったこともあって。

——新しい世界といってもいろいろある中から、AVを選んだのは?

 エッチなことが好きなので(笑)、興味があって。SEXもオナニーも好きなので。

——またハキハキ答えますね(笑)。初体験は?

 16歳、高校2年生の時ですね。相手は当時の彼氏で、24歳の人とさせていただきました。

——「させていただきました」って丁寧すぎるよ!(笑) しかもその相手、淫行条例違反で捕まっちゃうレベルだし。年上好きなの?

 そうですね。ちょっと上の先輩とかも好きですけど、年の離れた人もリードしてくださるので。

——上は何歳ぐらいまで?

 お父さんが40代半ばなので、リアルに考えたらそのあたりまでですかね。

——また幅広いな(笑)。24歳との初体験はどうでしたか?

 緊張もしたんですけど、オナニーとかはしてたので想像するじゃないですか。実際に触れられたりしたら、想像以上に気持ちいいなと思いましたね。全然痛くなかったし、ハマっちゃいました(笑)。

——その後の体験人数は?

 人数は3人なんですけど、同じ方と長く付き合ったりしたので、回数はそれなりに(笑)。

>>次のページ 明るいところでのエッチは緊張したけど慣れてくると…

関連商品