「愛液温泉の目印はズバリ!●●板のかかっていない旅館♡」岐阜県・下呂温泉・一発旅館〜地方裏風俗マン遊記〜先っぽの温もり求め、66歳初老記者がイクッ

★シェアお願いします

交通アクセス…JR下呂駅を降りると、飛騨川の両側一帯に温泉街が広がる。目的の宿は川の西側の坂を上り、白鷺の湯の先を数百メートル進んだスナック街の一角に潜んでいた!

お遊びデータ
金額/50分1万6000円
女性年齢/40代半ば
再訪度/☆☆☆☆

お座敷芸は致しませんが…床技はベテランのSEX芸子

下呂温泉は良質の湯で古くから知られる温泉ですが、名古屋から乗り込んだ特急の車内には、心なしか若い人たちが多い気が……会話の様子から大ヒットアニメ映画『君の名は。』の聖地巡りのようでした。

下呂駅で下車した記者は、所々に雪が積もった、山間の温泉情緒を味わいながら宿に向かいます。宿では干物ジジイの肌がツルツルになる湯にゆっくり浸かり、飛騨名物の“朴葉焼き”や“鶏ちゃん”の夕食を堪能!

さてさて、時計を見れば8時過ぎ。真の目的に出かけます。

坂道をひたすら上ってスナック街にたどり着いた記者は“歓迎板”のない旅館に見当をつけました。

案の定、ここが妖しい旅館。2階の部屋に通されて、女将が呼んだ芸子さんとご対面。芸子といっても、

「ウフフ、お座敷には出ないですよ〜」

と彼女。畳での芸事じゃなく布団の中の熟練技を披露してもらい……。

「オチンチン温めてあげる」

ナンと、生でのチン入許可! 芸子さんの愛液温泉で、チンポ肌がツルツルになりましたぞ!

 風専太郎…プロフィール/団塊世代の端っこ、1950年生まれの66歳。この歳になり、まさか現役で風俗記事を書くとは夢にも思わなかったが……最近ますます血気盛ん!

(掲載/「実話大報」2017年2月号)