バツイチ熟女を本気で落とす!! 30-40代熟れどきのバツイチ熟女を口説くナンパテクニックをプロが激白!!【出会い&アプローチ編】

★シェアお願いします

フェロモンむせ返るどエロいバツイチ熟女をセフレにしたい♥ そんな願いを実現するためのナンパノウハウをプロが伝授するバツイチ&未亡人攻略テクニック講座第1回。これでアナタもバツイチキラー!!

★LESSON:1 出会い&アプローチ編★

飲み屋通いにパート勤め… 独り身熟女は出会いに貪欲!

 離婚や死別により結婚生活が破綻したバツイチ女性は、比較的簡単な攻略法でオトすことができる存在である。連休前や誕生日、そしてクリスマス直前などには子供以上の寂しさを爆発させ、生理前になると、ただ快楽を満たしてくれるだけでいいとばかりに、男根を求めてさまよう…。

 特に30歳を超えたバツイチ熟女は、インターネットのサイトでなくとも、バーやスナック、居酒屋、果てはパート先まで、出会いが期待できそうな場所にウヨウヨしており、数回飲み屋で話をしただけでデートに応じてくれるなど、たまらない尻軽ぶりを発揮してくれる。

「特に離婚してから間もないバツイチ熟女は、結婚生活に懲りたばかりですから再婚への憧れを抱かずに、自由奔放なライフスタイルを選択しています。彼女たちのノリは実に軽く、フィーリングさえ合えばすぐにお股を開いてもくれます。」(ナンパに詳しいライター)

最近は、女性客を狙った割引サービスなどを展開している居酒屋やバーが増えていて、特に男女の出会いを提供している、いわゆる婚活居酒屋などは盛況のようだ

 人妻ナンパにハマっているというライターがさらに続ける。「個人経営の居酒屋や、オバちゃんが細々とやっているようなスナックには、必ずと言っていいほど熟女の常連客がおり、気さくに話しかければすぐに打ち解けることが可能。そこから電話やメールでのやりとりができるような展開に持っていけます。頃合いを見てデートに誘えば、最初のデートから濃厚な一発を決めることもたやすいですね」(同ライター)

 ただ、盛り場で見つかるバツイチ熟女は、決してモテないワケではない。ノリもつきあいもいいので彼女たちは男友達には困らず、オジさん世代にもチヤホヤされていることがほとんど。

 ある意味、彼女たちとのセックスを狙っている男性は多いワケだが、バツイチ熟女や未亡人を必ずオトすことができる男性には、他を出し抜く決め手がある場合が多い。こんなコトを書いたらそこはかとない寂しさに包まれてしまうかもしれないが、オイシイ思いにありつけている男性は、バツイチ女性が発する、そんなシグナルを見逃さず、猛チャージをかけているのである。

次ページへつづく