【青森ウラ風俗ルポ】弘前のとある温泉旅館にある前立腺マッサージ付きコンパニオンサービスとは!?【みわしゅうへいのマンガ風俗ルポ】

★シェアお願いします

風俗ルポでおなじみ、風俗大好きマンガ家三輪修平先生の突撃マンガルポ。今回は『東北の湘南』とも言われる海岸線を持つ街、福島県小名浜のガールズバーに突撃♥

青森県弘前市 マッサージ付きピンクコンパニオン♥

◯夏へむけてこれからが熱い東北

 東北はこれからが夏本番。今回はそんな熱い青森は弘前市を訪れた。東京からだと東北新幹線に乗って青森まで行き、そこから在来線で約30分で弘前に到着する。何とも便利になったものである。

 弘前市は、青森県西部の都市で、弘前藩の城下町として発達し、津軽地方の中心都市だ。りんごの生産量が日本一のため「りんご色のまちHIROSAKI」をキャッチフレーズとしている。例年8月には弘前ねぷたまつりが行われ、大勢の市民が「ヤーヤドー」の掛け声とともに、武者絵が描かれた山車を引いて市内を豪快に練り歩く。

◯リンゴが名産の津軽・ 風俗は美人も名産?

 そんな弘前市の風俗事情だが、デリが主流なのはどこも同じだが、地方らしく裏風俗が盛んで、街の中にある紙漉町のちょんの間風の旅館とかお隣の鍛冶町の本サロなどについては御存じの方も多いだろう。しかし今回は友人Kさんからのウレシイ情報で、津軽は弘前のとある温泉旅館に行く ことにした。

 そこでは、宴会に呼ばれたコンパニオンを部屋にお持ち帰りでき、朝まで一緒に過ごせるというシステム。しかもマッサージ付きというから豪華である。熟れたリンゴのように魅力的な美熟女との一夜を…。そのようなスケベな思いを馳せながら、リンゴ畑の向こうにそびえる津軽の象徴ともいえる岩木山の下をくぐるようにして現場へと向かった。

次ページへつづく