【金沢ウラ風俗潜入!!】情緒あふれる茶屋街の外れにある“ヤリ部屋付き”小料理屋で和服金沢美人とムフフ体験♥【みわしゅうへいのマンガ風俗ルポ】

★シェアお願いします

風俗ルポでおなじみ、風俗大好きマンガ家三輪修平先生の突撃マンガルポ。今回は加賀百万石の城下町、小京都金沢のヤリ部屋付き小料理屋で金沢美人に突撃♥

石川県★金沢市 ヤリ部屋完備の小料理屋♥

◯北陸新幹線の開通で身近になった金沢

 金沢は加賀藩(加賀百万石)の城下町として栄え、人口規模では江戸・大坂・京の三都に次ぎ、名古屋と並ぶ大都市であった。戦争中に空襲の被害もなかったせいか、市街地に歴史的風情が今なお残っていて、長年の都市文化に裏打ちされた数々の伝統工芸、日本三名園の一つとして知られる兼六園、加賀藩の藩祖前田利家の金沢入城に因んだ百万石まつり、さらに庶民文化などにより、観光都市として知られる。

 2009年にはユネスコの創造都市に認定された。近くには加賀温泉郷もあり、グルメは笹寿司やゴリ料理だが、冬場は何と言ってもカニである。 

◯かつて三大色街を抱えた金沢の風俗事情!

 かつては過激な色街だった金沢、昔からの花街『にし茶屋街』は金沢の情緒が色濃く感じられる3つの花街の一つである。ほんの数年前まではそのすぐ隣にある石坂(いっさか)では街のなかを歩けば、ズラリと並んだスナック風や小料理屋風の店先で客引きをする女の子たちから猛烈なアタック攻勢を仕掛けられたものだ。

 かじりついてくるというか、コチラの腕をつかんだら話さない!という具合で自分のお店に引っぱり込もうとする、しかも皆さん美形揃いの金沢美人だ。

 数年前まではこんな北国の素敵な遊び場も、その素晴らしさゆえに当局からのキツーイ締め付けで数が激減してしまい、今では普通のデリヘルが遊びの主流になってしまっている。

次ページへつづく