とある山中の暗がりで夜な夜なセックスにふける愛好家が集う極秘闇サークルの実態とは!?【怪しいDEEPスポット★乱交サークル編】

★シェアお願いします

ネットで密かに話題の怪しいウワサを徹底調査する【ヤバイ噂の真相】シリーズ。今回は毎夜とある山の中で繰り広げられる『闇セックス』の実態を潜入リサーチ!!

5メートル先も見えぬ真っ暗闇の中で快楽を貪る遊戯

「都会の夜と違って、本当にあたり一面、真っ暗。5メートル先も見えないぐらいの闇に包まれているんです」

 と語るのは都内在住のOL・佳代さん(27歳)。一見、清楚なお姉さんといった印象を与える女性だが、1回程度のペースで妖しいサークルに通っているのだ。その名も『闇セックスサークル』。

 現在、都内を中心に数を増やしているセックスサークルで、その名の通り、真っ暗闇の中で男女がお互いの顔や体も見えないまま、快楽の感触を楽しむという。

たとえ冬であっても、寒い山中に赴いてセックスに励むというから、その快楽への探究心は大したものだ!

「場所は、神奈川県の橋本から車で30分ほど走った山中。参加者は事前に地図を貰うので、参加したい夜はそれぞれ自家用車でそこに向かうんです」(前同)

 街灯など一切ない田舎の山中で、彼ら彼女らは野外や車の中で闇セックスに耽るという。ちなみに参加者は日にもよるが、最低でも7~8人は来るという。

どこからともなく伸びてくる手、舌…ドキドキ感が最高!!

話しているうちに興奮してきたのか、少し息を弾ませながら、さきほどの佳代さんが続ける。

「男女比は1対1かな。他のエッチサークルに比べて女性の参加者が多いと思います。私みたいな女って、結構いるんです」

 男ならともかく女性までもが闇SEXにハマる理由とはいったい何か。

「ひとつはもちろんスリル。全く何も見えない闇の中で、体を弄られて、ねとねとした舌で舐め回されて……そして、アレが入ってくる感覚ってスゴイんです。ドキドキするし、視界が遮られているぶん、他の感覚が研ぎ澄まされて、すごく感じてしまうんです」(前同)

 いわば目隠しSEXの進化版だ。そしてもうひとつが、 「恥ずかしくない。男性も手探りで私の体を触って、穴を探して入れているので、こちらの顔も見えていない。私は極度の照れ屋なので、闇セックスの状況でないと自分を開放して楽しめないんです」とのこと。

 むろん、都会の喧騒から離れて大自然とひとつになりたい……そうした気持ちで参加する男女も少なくないという。ちなみにひとつだけ注意も必要。

「たまにですけど、暗闇なのをいいことにオカマちゃんが紛れていることもあるみたいです(笑)。まあ、最後まで気づかなければべつにどうということもないかもしれませんけど。」

 暗闇でお互いが見えない分、誰に何をされていても分からない!?

(記事引用元=ズバ王

関連商品

ズバ王 2017年06月号

商品の詳細を見る