「夫のM性、そして私の中に眠るS性を発見して、今では隠語プレイを楽しめるようになりました」36歳・巨乳人妻のソフトSM初体験告白手記

★シェアお願いします

最近ごく普通の主婦やOLの間で、ソフトSMが密かに流行しているという。マンネリのセックスライフに新たな刺激を吹き込むSMにハマった彼女たちの赤裸々告白手記…。

「痴女っぽい淫語責めプレイで自分の興奮度も倍増です!」

川口のぞみさん(36歳・主婦)

◯自分の中に眠るS性を発見して、今では淫語プレイを楽しめるように…

「なんか最近、セックスしてても全然盛り上がらないよなぁ。お前いつも、つまらなそうな顔しているし…」

 ある日、ベッドの上で夫にこんな愚痴を吐かれてしまいました。言われてみれば、確かにここ最近セックスが盛り上がった記憶がありません。結婚8年目でマンネリに陥っていたことが、自分でも気づかないうちに態度として出ていたんでしょう。

「じゃあ、あなたはどうすれば盛り上がると思う?」

 ところが、夫に意見を求めたところ、返ってきたのは意外すぎる言葉。

「実は前から“淫語プレイ”をしてみたかったんだよ」

 もう「はあ?」って感じでしたね。そもそも“淫語”の意味がわからなかったし。でも夫の顔を見ていると、冗談で言っているようにも思えない。それで、とりあえず夫の指示通りやってみることにしたんですが…。

「そんなにオチ○チンを腫らしてどうしちゃったのかなぁ?」

 ってセリフも完全に棒読み。恥ずかしくて感情を込められるわけがありません。ただ、それでも夫は嬉しそうな顔で、本当にオチ○チンをギンギンにさせているんです。

 しかもその上、「お姉さん、オチ○チンが腫れて苦しいよぉ。溜まった精液、早くお口で吸い取ってよぉ」なんて、淫乱お姉さんといたいけな少年という配役まで勝手に決めて、甘えてくる始末。あなた、そんなキャラだったの!? って驚きの連続です。

 もっとも、そんな夫を見ているうちに、恥ずかしさが薄れてきたのも事実。それどころか、夫のM性、自分の中に眠るS性を発見して、淫語プレイを楽しめるようになってきました。

「オマ○コ汁が溢れて止まんないの…オチ○チン、ちょうだい」ってセリフも、今ではスラスラ出てくるように。おかげで夫婦仲はすっかり良好ですね。

(記事引用元=ズバ王