追い剥ぎ女王・若林美保の連覇なるか!?美熟女・伊織涼子やスーパーアイドル・範田紗々も参戦! ぶっかけ放題!選手全員水着ッ!どきどきキャットファイト水着ぶっかけ祭り2017

★シェアお願いします

キャットファイト……それは女同士の熱き闘い。謂わば、究極のエンターテインメント。男のフェチズムを滾らせる魅惑の格闘技である。

2017年5月10日から13日まで、新木場1stリングにてキャットファイト組織Cat Panic Entertainmentの新木場3Days興行が行われた。

デラべっぴん編集部は、12日に開催された『ぶっかけ放題!選手全員水着ッ!どきどきキャットファイト水着ぶっかけ祭り2017』に潜入!

今回はタイトル通り、選手全員が水着。しかもリングサイトの観客には水鉄砲が配られ、リング上のファイターたちに水ぶっかけ放題となっている。メイン試合はトーナメント形式の追い剥ぎデスマッチで、相手の水着をすべて脱がせた時点で勝利というルールになっていた。水も滴る美しき女闘士たちの闘いぶりを、この目に焼き付けてきたぞ!

注目選手は、なんといっても追い剥ぎ女王若林美保!今回、彼女を超えるファイターが現れるのか。それともこのまま連覇を遂げるのか!?

そんな若林美保と第一試合でぶつかるのは、妖艶美熟女ファイター伊織涼子。キャットファイトデビューから僅か半年足らずの彼女だが、勝機は果たして!?

なんと元AV界のスーパーアイドル範田紗々の姿も!今回はCPE名物「バナナ3wayマッチ」に参戦する。

ビジュアルのインパクトはピカイチの激ぽっちゃりAV女優さちこYOKOZUNA170kgという巨漢ボディが吉とでるか凶とでるか!?

第一試合は、Aブロック1回戦。刺青パフォーマータイガー愛子VSフェティッシュダンサーm@rika。開始早々、客席から凄まじい勢いで水鉄砲の水がリングに飛んでくる!想像よりも遥かに凄い量だ。お互いの攻撃よりも、この水に苦しめられているように見える2人。今後の対戦カードでも、この客席からの水攻撃がネックとなる可能性大だ。

第一ラウンドは引き分け状態だったが、第二ラウンドでm@rikaの履いていたアンダーウェアが破けてしまい、なし崩し的にタイガー愛子の勝利となった。そして第二試合であるAブロック2回戦は、鶯谷デリヘル倶楽部所属紫龍みおVS柔道ちぢみというカードだったが、柔道ちぢみの病欠により紫龍みおの不戦勝となった。

第三試合は、Bブロック1回戦。さちこYOKOZUNAVS昆虫ライター・いくさばらとれは。開始直後にいくさばらとれはは水着がはぎ取られ、圧倒的な体格差もありすぐに追い詰められ始める。

さらに、さちこYOKOZUNAが座り込んでしまったことで不利な状況が悪化。このお尻を持ち上げて水着を脱がすのは至難の業だ!そうこうしているうちに、さちこYOKOZUNAが引きちぎらんばかりのパワーでいくさばらとれはの下の水着もはく奪。準決勝進出を決めた。

第四試合の、Bブロック2回戦。美熟女ファイター同士の闘いとなる、若林美保VS伊織涼子のカード!伊織涼子が女王相手に果敢な攻めを決行。開始早々に若林美保のトップを露わにすることに成功した。しかし……

伊織涼子の予想外の応戦に奮起したのか、若林美保が本気の追い剥ぎを見せる!もはや瞬殺といってもいいだろう。開始から1分程度で若林美保の勝利が確定した。ということは、Bブロック準決勝はさちこYOKOZUNA若林美保の対戦!?これは予測不能の闘いが待ち受けている予感。

第五試合はトーナメントではなく、月光闇討ちハンディキャップマッチ。突然に館内の明かりが全て消灯するため、選手は真っ暗闇の中で戦わねばならないというハードな試合だ。対戦はプロレスラー佐野直VS元・初代ミニスカポリス福山理子アイドルヲタアイドルみでぃ

試合開始からほんの数分で、福山理子は水着トップを取られてしまい戦意喪失に。みでぃは1人で佐野直に挑むも、完膚なきまでに叩き潰されてしまう。途中の暗転で福山理子とみでぃの水着が入れ替わったり、佐野直がマジック(?)を披露したり、エンターテインメント性たっぷりの試合でもあった。

第六試合はアダルト凶器公認キャットファイト!戦う五十路ニューハーフファイターびりりあんみりんだ格闘アイドル羽柴まゆみ VS 戦うシンガー鳳華コスプレストリッパー栗鳥巣のタッグマッチ。しょっぱなからアダルト凶器を独り占めするなど、栗鳥巣の暴走が目立つ。

さらに、びりりあんみりんだが水で滑って場外に落ちたタイミングで鳳華羽柴まゆみを羽交い絞め!そして、凶器を隠し持っていた栗鳥巣が禁断の電マ責めを行い、羽柴まゆみは撃沈。鳳華&栗鳥巣の勝利となった。しかし、なぜか悔し気な表情を浮かべる栗鳥巣。なんと「潮を吹かせられなかった……」と自責に駆られていたのだ。ある意味、見上げたプロ根性だ。

次ページへ続く》