白木優子インタビュー「台本呼んでるときや撮影後数日間はムラムラしちゃって…ひとりで飲みに行ってハメを外すことも…」【我慢汁インタビュー】

★シェアお願いします

子宮の入り口にあるコリッとしたとこが気持ちいいのよぉ

白木優子…T150・B84(E)W59H85。1976年1月25日生まれの、みずがめ座。血液型/A型。出身地 /岐阜県。趣味は料理とガーデニング。エロくて美しい大人の女のフェロモンが出過ぎちゃってる優子さん。ひとりで飲みに行くことも多いらしく……!?

アナルを掘る快感に夢中!?

今回、実話大報の表紙は2回目の登場となる白木優子さん。2012年7月に『人妻、初撮り』(マドンナ)でデビューして以来、マドンナ専属女優として数多くの作品に出演してきた彼女。41歳になった現在も相変わらずの美貌で、熟女オナネタ・クイーンとして我々のよきオカズとなってくれております。

そんな彼女に前回インタビューさせていただいたのは2013年1月号のこと。当時デビュー半年ほどだった彼女は……17歳で迎えた初体験の話、二股をかけられて2号扱いされた元カレの話、その後付き合った彼氏とサルのようにヤリまくった話など、濃いエロトークをしてくれたものでした。

あぁ、覚えてます。もう4年前なんですねぇ

この7月にデビュー5周年を迎える彼女は、懐かしそうに一言。どうやらさまざまな撮影の経験を通して、あの頃から性の嗜好も変わってきている様子です。そこで今回は現在のセックス事情について、存分に語っていただきましょう!

デビュー当時に比べて、今ではカメラの位置とかを確認する余裕が出てきたかな。で、そんな中、新しい役に挑戦することも増えてきて。昨年、ペニバンをつけて男を犯すって役をやったら超楽しかったんです。正常位やバックでおらおらって腰を振ってたら、『こういう役、実は私に合ってるのかも』って思っちゃった(笑)

男を犯す快感にハマっていたとは……いくらなんでも性嗜好変わりすぎ!

次ページへ続く》