【東京・新宿発】「混んだ車内でなぜか僕の周りだけ女性だらけ。そのうちズボンのチャックが下ろされて…」K王線出没の『逆痴漢』集団の実態とは!?【本気でヤバイTOKYO都市伝説】

★シェアお願いします

ネット界隈で囁かれている激ヤバなエロい噂や都市伝説を集めたエロまとめ。信じるか信じないかはアナタ次第!!

東京・新宿発◆K王線に出没する集団「逆痴漢」の実態

◯電車内でいつのまにか女に囲まれて気がつけば…

「あれは昨年の暮れでした。忘年会のあと、終電ぎりぎりのK王線に乗っていたんですね……車内は満員で、自分と同じように酔っ払った会社員でごった返していました」

 こう振り返るのはデザイン会社に勤めるHさん(42歳)。年齢よりも若く見える溌剌とした中年男性だ。職場は新宿区にあるが、Hさんの自宅は神奈川県。新宿駅から出るK王線はいつもの通勤電車だった。

「電車に乗ってすぐに『おいおい……』と思いました。車内は7割近くがおっさんなのに、僕の周りだけ女性だらけ。6人はいましたね。まあ、臭いおっさんの近くにいるよりよっぽどマシだし、得した気分でしたよ」

 6人の女性は皆、30代後半から40代と思われた。ただ、OLという雰囲気はなく、「服装がね、結構派手なんです。やや胸元が開き気味だったり、ウエストラインが浮き出るワンピースだったり……エロい感じでした」

 なおさらHさんは嬉しくなったが、驚いたのは電車に乗って5分ほどたった頃。「僕のお尻を誰かが明らかに撫でているんです。え?と思ったら、今度は太ももを誰かが撫でてくる。さらに前からは誰かが股間をサワサワしてきたんです」

 Hさんは仰天しつつも、すぐに分かった。触られている感覚からして、明らかに女性の柔らかい手。そう、自分の周りにいる女性たちが〝逆痴漢〟してきたのだ。

「もうこっちは完全にパニックです。嬉しいと思うより、得体の知れない恐怖がありましたよ。女性たちはグルで、ちょこちょこお互い目を合わせて、アイコンタクトを取っていました」

 やがて胸元にも指が伸びてきて、乳首もまさぐられた。それだけではない。「怖いのに触られていると、勃起してくるんですよね……そのうち、僕のズボンのチャックがおろされて」

 電車内でペニスをむき出しにされて、直接、シゴかれたという。「それも竿を握る手と、タマを揉む手があって……ヤバいと思ったけど、俺はすぐさま射精しそうになった」

次ページへつづく