【最新海外風俗ルポ】いまジャカルタの夜が熱い!!3発4日総額15万円で世界最高クラスのリッチ感漂うセレブフーゾクで王侯貴族の女遊び♥

★シェアお願いします

海外風俗情報誌『アジアン王国』編集長が世界最高峰と太鼓判を押す、インドネシアの首都ジャカルタにあるプール付き超高級セレブフーゾク完全ガイド!

世界最高峰の風俗って一体どの国にあるのだろうか?

 フーゾク遊びはまさにピンキリ。世界にはたった500円で一発できる激安フーゾクもあれば、総額10万円以上かかる超高級ソープだってあります。もちろん、その中からどんな遊びを選択するかは、皆さんの自由なのですが、どうせ遊ぶなら一度ぐらいは世界最高峰の遊びを体験してみたいと思うのは当然のことでしょう。

 そうした皆さんに今回ぜひご紹介したいのが、インドネシアの首都ジャカルタにある総合娯楽施設『1001(スリブサト)』というお店なのです。

 インドネシアで世界最高峰の夜遊びなんてできるのか?と思われるかも知れません。しかし、タイやフィリピンのように夜遊びスポットが固まっている歓楽街はないので、あまり日本人には知られていませんが、実はインドネシアは東南アジア有数のフーゾク大国なのです。しかも海外から遊びに来るお客さんが少ないので、お遊び代は現地価格の激安さ! スタンダードクラスの店なら1万円以下で遊べてしまうほどなのです。

『1001』はコタエリアに今から2年前に誕生した総合娯楽施設。メインとなるのは3階にある『プール』というナイトクラブです。入口で番号キーを渡され、飲食や女のコとのお遊び代、そしてチップまで、すべてこの番号で管理され、店を出る時に清算する明朗会計システムとなっています

 流石に今回ご紹介する『1001』は、ジャカルタの中で一番の高級店なので1万円以下とはいきませんが、それでも2万円ちょっとの予算で、これまで遊んだことのないようなゴージャスな遊びが楽しめてしまうのですから、遊ばない手はありません。

 それでは『1001』がどのように世界最高峰なのか、具体的な遊び方の流れに沿ってご紹介していくことに致しましょう。

ゴージャスな館内施設にビックリ。まさに世界最高峰です!

 施設内には、ホテル、カラオケ、東洋最大級のディスコ(週末のみの営業)、そして『プール』というクラブがあります。目指すお店は『プール』です。

 入って頂くと分かるのですが、フーゾク店とは思えぬゴージャスさに度肝を抜かれると思います。建物3階分ほどになる吹き抜けのフロアー中央部には大きな温水プールがあり、来客者は担当となる接客係の案内で、その両サイドに設けられたガバナと呼ばれる客席に座ります。

ガバナ(客席)から見たプールの様子。室内プール(もちろん温水)にしてはかなりの大きさで、ジャグジーも完備。女のコと一緒に泳いだりボール遊びもできます。こんな体験はこの店でしかできませんよ

 そこに案内係が女のコたちがを顔見せで連れて来てくれるので好みのパートナーを選び、一緒にお酒を飲んだり食事を楽しむことができます。そして頃合いを見計らって、女のコたちが『泳ぎましょう』と言って来たら、男性陣はサウナで着るようなパンツとガウンに、そして女のコたちは水着に着替えて、一緒にプールでイチャイチャできるのです。

 気分はまさにセレブ。時間を急かされることなく自分のペースでゆったり楽しめるここのシステムは、世界最高峰に相応しいものです。

 そして最後は女のコと一緒に階上の豪華な部屋でハッスルタイム。これで2万ちょっとは安いですね。

遊んだ女のコに渡すチップも用紙に記入して後清算することも出来ますが、その場合は店に手数料を取られてしまうので、プレイ終了後にロッカールームまで女のコに来てもらい、そこで現金で渡した方が喜ばれますよ

次ページへつづく