町田発☆あの伝説の『田んぼ』壊滅から今年で丸十年。町田裏風俗の知られざる今…【日本全国ヤバい風俗ガチで行ってみた!!】

★シェアお願いします

日本全国の歓楽街でまことしやかに語られるエロい噂の数々。今回、編集部員が向かったのはかつで『田んぼ』という名のアジア系裏風俗が一世を風靡した東京のベッドタウン町田。

町田発☆あの伝説の『田んぼ』壊滅の今…

 東京のベッドタウンとして栄える町田。かつては東京きっての裏風俗の聖地であり、『田んぼ』と呼ばれる地帯ではアジア系の女性たちが夜な夜な客を引いていた。

 だが一世を風靡した田んぼは、2006年に大規模な摘発を受けて完全に壊滅。あれから10年が経過した今、町田の風俗事情はどうなっているのか実地調査へと赴いた。

 日中の駅付近は買い物客や学生で賑わう健全な街そのものだが、一歩入った細い裏路地には看板のない風俗店があったり、レンタルルームがあったりとその健全さには疑問符もつく。

 かつての田んぼは橋の上から眺めた様がそれを彷彿とさせるため付けられた名称だが、以前の姿を見たことのない人々が増えており、すでにあの光景は過去のものだ。

東京有数のベッドタウン町田は新宿から小田急線で約30分、神奈川からもJRですぐという便利な土地

 駅前でご当地のデリヘルに電話するとラブホに入ってから再度電話するように指示された。この界隈ではデリが呼べるホテルが限られているらしく、指定されたホテルに入る。

 電話で部屋番号を伝えると、やがて風俗店のスタッフと思しき男が現れた。プレイ料金を支払うと「本番禁止、店外での約束を取り付ける行為禁止」など定番の注意書きが記された用紙を渡される。ここに書かれた通りの表風俗なのか、それとも町田流の裏サービスが楽しめるのか?

 スタッフが去った後、入れ替わりに現れたのは20代半ばで人妻風の落ち着いた風貌の女性。ルックス的には可もなく不可もなくなので、まずは部屋へと招き入れる。

 シャワーを浴びると会話もそこそこにいざプレイに。しかし良くある全身リップ的なヘルスサービスの気配すらなく、仕方なくこちらから攻める展開に。だが前戯が疎かだということは、その後に本番が約束されている可能性は高い。

 薄めの胸を軽く舌と手で愛撫し、声が上ずってきたところでやおら彼女の股間に手を伸ばすと、じっとりとアソコが湿っていくのが分かる。徐々に指攻めに移行していくと、その湿りはさらに水分を増していく。

次ページへつづく