「車でドライブして河川敷で路駐オナニー…下半身露出で運転するその快感が病み付きなの」(42歳・主婦)ひとりの午後に溢れる愛液〜寂しい女のオナニー白書

★シェアお願いします

誰かに見られちゃうかも…そのドキドキ感がたまらない

冨田真奈美さん(42歳・主婦)結婚歴15年。ふたりの子どもが思春期に差し掛かっているため、エッチなことにはなにかと気を使うそうで……夫とはすでに5年以上セックスレス。解消の兆しはないとか

あるアンケートによると日本人のセックスの平均回数は月2.1回。

しかも既婚者の55%はセックスレスで、そりゃオナニーするわなといった現状だ。

愛と性に餓えた女の本音に迫る!!

隠し持っていた見られたい願望

夫とはセックスレス歴が5年以上。その前も数カ月に1回程度だったのでオナニーはずっとしているんですが、実はここ1年、変なオナニーにハマっちゃってて……。

車で河川敷まで行き、路駐してオナニーするんです。車に乗ったらパンティとスカートを脱ぎ、下半身裸で運転します。

この時点でいつも興奮してヌレヌレになっちゃう。だから、シートを汚さないようにタオルを敷いて運転席に座るんです(笑)。

川原に着いたらいつもの場所に路駐。夜の河川敷なのでほとんどほかの車は通りません。それでもやはり、誰かに見られちゃうかもしれない、と思うとドキドキするんです。

で、あえて窓を開け、外の空気を感じながらオナニータイム(さすがに真冬は窓は閉めますが……)。この開放感が野外露出っぽくて好きなんです。

電マで焦らしに焦らして絶頂!

使うのは小さな電マ。電池式のもので見た目もカワイイので、万が一見つかっても、マッサージャーだといいわけのつくタイプのものです。それをクリトリスに当てたり、乳首に当てたりしながら気持ちを高め、いよいよとなったら指を挿入。人差し指と中指でアソコをグチョグチョと掻き回しながら、クリに電マを当てるダブルの刺激が私の好物。

そして、イキそうになったら動きを止める、イキそうになったら動きを止める……というように、ジラしてジラして。もうダメ!ってなったときに絶頂を迎えるんです。

つい3日前も河川敷にいってきました。家族は単なる気晴らしだと思っているようです。帰ってきたとき、きっとスッキリした表情をしているからでしょうね。

(掲載/「実話大報」2017年6月号)