【上野オークラ劇場舞台挨拶詳細レポート!】江波りゅうさん、きみと歩実ちゃん、あやね遥菜ちゃんが舞台挨拶に登場! 絶世の美女・江波りゅうさんのド天然キャラが爆発! 3人全員がマスコットガールの座を狙うと宣言

★シェアお願いします

7月1日から14日まで東京・テアトル新宿で行われたピンク映画の祭典・OP PICTURES+フェス 2017も連日、満員御礼で終了。ピンク映画健在を見せつけた上野オークラ劇場ですが、翌日の7月15日には早くも本拠地で舞台挨拶が行われました。

今回、舞台挨拶が行われた作品は「W不倫 寝取られ妻と小悪魔娘」。出演者の江波りゅうさん、きみと歩実ちゃん、あやね遥菜ちゃん、竹本泰志さん、監督の関根和美監督が登壇。その模様を早速レポートします。

5人を大観衆が拍手で迎え、それぞれが挨拶。本格的なトークに入る前にサプライズが! 舞台挨拶翌日の7月16日が江波りゅうさんの誕生日ということで、監督からバースデイケーキがプレゼントされます。

これに感動した江波りゅうさんは涙を流しながら「ありがとうございます。顔面に(ケーキを)ぶつけるのかなあと思いました。25になったんですけど何の夢もなくて…。ありがたいです。(祝ってくれる観客が)いっぱいいて嬉しです」とコメント。感激の涙を流していますが、コメントに所々、小ボケが入っている不思議な美女です(笑)。この後も、かなりの天然キャラを炸裂させてくれます。

舞台挨拶初登場のあやね遥菜ちゃんは「緊張しているけど、(客席に)ちらほら知っている顔もいて安心します」とコメントすると、熱心なファンから「あーやん!」の声援が飛びます。今回の舞台挨拶はファンの応援も熱く、時に重厚な一面も見せる舞台挨拶とは違い、終始、明るく楽しい舞台挨拶となりました。

>>次のページ きみと歩実ちゃんが演歌を熱唱!?