セックスを売る女たちの告白手記!!「初めての援交相手は40代のおじさんでした。ゴツくて黒光りしたオチ●チンが大きくて…」

★シェアお願いします

「初めての援交相手は40代のおじさんでした…」じゅなさん(19歳・女子大生)の告白手記

「明日、都内で割り切りできる人探してます」

 ある日、なにげなくツイッターを流し見てたら、明らかに援助交際の相手を探しているとわかるアカウントをたまたま見つけたんです。調べてみたら裏アカウントを使ってるとのこと。それなら自分にもできそうだと思って、お小遣い目当てで私も募集してみることにしました。

 わたしも同様の文面でシンプルにつぶやいてアップすると、反応がもうスゴいんですよ。フォロワーが一気に増えて、DMも続々と来て…。表アカウントでは考えられないくらい、たくさんの反応があって、ホント、ビックリしましたね。

 ただ、高校の頃に同級生で援交しているコがいて、一回3万4万もらってるって言ってたけど、私が「3で」って言ったら、ことごとく「高い」って言われちゃうんです。やっぱりJDはJKより商品価値が低いんだ…ってわかって、ちょっとショックでした(笑)。

 まぁそれでも普通のバイトと比べたら全然いいし、結局、私も2万円で妥協しちゃいましたけどね。

 初めての援交は強烈に印象に残ってます。だって相手は40代のおじさんだったんだけど、オチ◯チンがやたら大きかったんですよ。ゴツくて黒光りしたそれを目の前にして「こんなの絶対入んないよ…」って目の前が真っ暗になったほど。

 でも確かに最初は少し痛かったけど、すぐに馴染んじゃいました。しかも最後はイカされちゃったし。

 以来、ツイッターで度々援交しています。ただ、最近2万円からさらに値切られることも増えてきて…。JKと嘘をつくと面倒なことになりそうだし、いろいろ悩ましいですね。

(記事引用元=ズバ王

女子大生になって初めての夏 初めての援交 彩城ゆりな

商品の詳細を見る