「YouTubeで必死にシンナーの吸い方の動画を探して研究!?」セクシー女優・川上奈々美ちゃんがまさかの特攻服姿で登場!映画『獣道』のトークショーに行ってきた!

★シェアお願いします

シネマート新宿にて、映画『獣道』が絶賛上映中!

今作は、とある地方都市で生まれた少女・愛衣(伊藤沙莉)と、彼女に恋をする少年・亮太(須賀健太)たちが、田舎の閉塞感の中でもがく今時の青春を描いたブラックコメディ。監督・脚本は『下衆の愛』の内田英治監督。キャストには、お笑いコンビ・マテンロウアントニーや、矢部太郎でんでん広田レオナ近藤芳正など個性派俳優たちが集結しています!

そして、今作には人気セクシー女優であり、エネルギッシュなライブパフォーマーとしても注目を集めている川上奈々美ちゃんも出演!伊藤沙莉演じる愛衣が身を寄せる、ヤンキー一家の末娘という、なかなかハードな役どころです。

そして7月31日の映画上映終了後に行われたトークショーには、川上奈々美ちゃんが登場しました!

なんと映画オリジナルの紫の特攻服姿!
普段のキュートな川上奈々美ちゃんからは想像もできませんが、映画でのヤンキー娘役を見た直後だったので、なんだかしっくり来てました(笑)

さらに監督の内田英治さんをはじめ、普段から川上奈々美ちゃんと仲良しの”みぃなな仲間”たちが集結しましたよ

川上奈々美ちゃんと同じ、恵比寿マスカッツのメンバーであるスーブーさん。登場して早々に、内田監督から「獣道2があれば、アントニーの妹役で」とオファーかけられてました。確かに喧嘩強そう(笑)

ライターのアケミンさんは、川上奈々美ちゃんとはかなり長いお付き合いになるとのこと。デビュー直後から深い関係を築かれてきたようです。

映画内のAV撮影シーンで出演している、セクシー女優南まゆちゃん。出演時間は短かったけれど、ひじょうにインパクトのあるシーンに出られています。

獣道』の監督である内田英治さん。実は川上奈々美ちゃん、内田監督の作品に出演するのは今回で3回目!彼女の演技力を高く評価しているようです。

実は、川上奈々美ちゃんの映画女優としての評価が業界内でかなり高まりつつあるとのこと。恋愛映画の名手と謳われる行定勲監督も川上奈々美ちゃんの大ファン。主演作品を撮りたいと熱望されているのだとか……凄いぜ、みぃなな!!

そんなトークの最中、なぜか特攻服を着せられるスーブーさん。あまりにもハマりすぎてる!と会場からもざわめきが起こるほど。川上奈々未ちゃんは「これ、みんなで着まわそうよ!」と、ノリノリです。

続いて南まゆちゃんも特攻服姿に!映画内では見られなかったヤンキー姿ですが、意外とハマってる?!

ちなみに、この特攻服はイギリス人プロデューサーのアダム・トレルさんがトルコ人の友人とともに製作したものだそう。背中にキュートな獣の足跡があるし、微妙にガチンコのヤンキー特攻服と印象が違うのは、そういう理由だったのですね。

さらに話題は、川上奈々美ちゃんとスーブーさんが所属する恵比寿マスカッツの話に。内田監督は若い時に、テレビのADをしていたことがあったとか。そしてその当時の先輩ADが、恵比寿マスカッツのディレクターであるマッコイ斎藤さん。このことは、川上奈々美ちゃんもスーブーさんも知らなかったようで、凄く驚いてました。

内田監督は週刊プレイボーイの編集だった時代もあり、その頃からアケミンさんとは面識があったとか。内田監督、今回のトークショーメンバーとは全員と遠からぬご縁があったようです。

話は映画『獣道』に戻ります。映画の中で川上奈々美ちゃんはシンナーを吸っているのですが、実はこの吸い方は正しいものではないらしいという衝撃の事実が発覚!プロデューサーのアダム・トレルさんが知人に指摘されたとか。とはいえ、現場にいる誰もシンナーを吸った経験がなかったため(笑)完全にスルーされていた部分のようです。

もともと台本では「タバコを吸う」シーンだったはずなのに、突然シンナーに変更。焦った川上奈々美ちゃんがその時したことは……「YouTubeで必死にシンナーの吸い方の動画を探して見た」。これには、会場中で爆笑が。というか、そんな動画が存在してることに衝撃ですよ!

また、南まゆちゃんは本当は1人2役で、もう少し出番があったそうなのですが、今回はカットされてしまったとか。DVD発売の際には、盛り込まれてる可能性があるらしいので要チェックですね。

しかし、次から次へと出てくるエピソードが面白すぎて全部書ききれない!とにかく笑いの絶えない数十分でした。トークの面白さにすっかり引き込まれ、時間が経つのも仕事であることも忘れるほど楽しんでしまったことに反省しきりです。

そして何より、映画自体の魅力が凄まじかった!単なるヤンキー映画には収まらない、笑いと涙に満ち溢れたストーリー。純粋な愛と孤独を抱えた少年・少女たちの闇が胸にグッと突き刺さる作品でした。全力でオススメいたします!

トークショー終了後、ロビーに飾ってあった短ランを着用して、再びヤンキー気分を満喫する川上奈々美ちゃんに遭遇したのでパシャリ。ポージングがオラついている(笑)

映画『獣道』では、川上奈々美ちゃんの映画女優としての素晴らしい才能を体感することができました。またぜひ、スクリーンで彼女の演技を見ることができるよう祈ります!内田監督、次回作もお願いしますよ!

(取材・文/もちづき千代子