高級外車に乗って迎えにきてくれるワリキリ嬢!?…いったいどんな車でやってくる?…そもそもどんな女がやってくる?

★シェアお願いします

このカキコミの主は、ホ別2万円のワリキリ嬢、29才です。高級外車に乗っているワリキリ嬢、という時点で論理矛盾のようにも思えますが、本人が迎えに行くと言うのだから信じるよりありません。いったいどんなゴージャスな時間を過ごせるのでしょう…

アポ場所の池袋西口で待つこと数分、電話が鳴りました。

「もう駅前にいるからベッカーズに来てくれます?」

着いたようです。ベッカーズ前に高級車は見当たりません。

現地には、黒カーディガンに水色スカートの、事前に聞いていたままの服装の女が立っていました。高級外車に乗っていてもオカシくはない清潔感です。

「どうもー。じゃあワタシの知ってるホテル行きましょうか」

あれ? 車に乗せてくれる約束だったのに?

「あの、お車は?」
「あー、はい。すぐそこの駐車場に停めちゃいました」
「へえ。高級外車ってスゴイですね。車種はなんですか?」
「うーん。友達にもらったからよくわかんないです」

車種もわからないまま乗り回しているとは、どこかのお嬢様なのでしょうか。

「いいなー、その車見せてくださいよ」
「でも駐車場に停めちゃったんで」
「近くなんですよね? いいじゃないですか」
「うーん。でも、どこだっけなぁ。忘れちゃった」
「駐車場の場所をですか?」
「うん。あー、でもすぐ近くですけどねー」
「このへんだったら駐車場はあれか、あっちかですよね」

視界に入る駐車場を指さしてみると、ついにお嬢様は観念しました。

「あ、あそこかなー」

さあ、ようやく車種不明の高級外車と対面です。

「あー、ここです、って、アレ?」
「どうしたんですか?」
「いや、ないんです。クルマが」
「はい?」
「盗まれたのかも…あれー」

なんと、大事な車が盗まれていたのです! これは大変。早く警察に連絡せねば。ワリキリなんてしてる場合じゃないでしょ。

しかし慌てる様子もなく、彼女は言います。

「でもワリキリはもう約束したんで」
「へ?」
「え、しないんですか?」

外車が盗まれてもこの冷静ぶり。エンコー界にはすごいお金持ちがいるものです。

(記事引用元=裏モノJAPAN

banner