【ふんわり癒し系美少女・伊東ちなみインタビュー】「筆おろし作品では仮性包茎と初遭遇取り扱い方に分からずオドオドしてでも反応が可愛くて胸キュンで♪」「痴漢モノでも、激しく攻めて欲しい男優さんが気を使って控えめにするだから『優しくしないで!』って思う」前編

★シェアお願いします

MOODYZ専属・伊東ちなみちゃんインタビュー。

徐々にお姉さん系にチェンジ童貞筆おろしに胸キュン♪

── MOODYZ専属女優としてデビューして1年半以上が経ちました。

伊東ちなみ(以下、伊東) 正直言えば、1年ぐらいで辞めるかな、と思っていたんです。ファンの皆さんの支え合って、未だにこのAV女優という仕事に凄くやり甲斐を感じています。だから先日事務所契約も更新して、まだまだお世話になるつもりです。

── 最近はお姉さんモノが増えている印象です。

伊東 デビュー当初はドジっ子、軽いMっ子が多かったんですが、マンネリ感もあるのか徐々にお姉さん系にシフトチェンジしましたね。

── ドジっ子扱いだった?

伊東 実はデビューイベントの登場時に、思いっきり頭を打ってしまい、ドジっ子キャラが定着していたようで……。ファンの皆さんも「ったく、仕方ねぇな、俺たちが面倒見てやるよ!」みたいな雰囲気が一時ありましたね(笑)。最近はお姉さん系も増えたからか、イベントの若い男性ユーザーが増えたように思います。

── 5月中旬には初の「筆おろし」モノも出ました。

伊東 自分でもお気に入り作品。お宅訪問前では、あまり男性の家に行ったことがないので、本棚に漫画がギッシリ詰まってて、あぁ、これが男子の部屋か……と私も意識したら急に緊張しちゃって(苦笑)。

── 童貞もきっとド緊張してる。

伊東 ありがたいことに私の大ファンだったそうで、グラビアで出演した週刊誌「フライデー」持ってて、これにサイン下さい!……と(笑)。可愛いらしい童貞さんばかりで、もうお姉さんが色々教えてあげたい!という気持ちになれたんです。

>>次のページ ディープフェラ作品で涙!監督に謝られさらに号泣