「お兄さん寄ってって!いい娘おるよぅ♥」怪しくも甘酸っぱい昭和の青春漂う『色街』消えゆく昭和風俗街の今を行く!!PART1

★シェアお願いします

「色街」甘酸っぱく怪しげな響きが漂う昭和の風俗街は、いま時代の波に飲まれ次々に消えゆこうとしている。そんなノスタルジックな色街の今を訪ねてみた。

札幌市豊平◎「私を一晩貸し切ってくれない?」

 日本三大歓楽街にも数えられる札幌すすきのから歩いて10分ほど。豊平川の近くに「カネマツ会館」と「五条東会館」という、知る人ぞ知る二つの会館がある。

 建物内にはかつて5、6軒ほどのスナックが入っていたが、実はそれが通称“連れ出しスナック”と呼ばれる裏風俗だった。

 1軒あたり2~3畳ほどの小さなスナックのなかにはママと女のコが2~3人ほど。客は1杯500円のビールを飲みながら品定めし、気に入った女のコがいたら隣のラブホに連れ出せるシステムになっていた。ちなみに連れ出しにかかる料金は、15分1万円ほどだ。

店はスナックとして営業していたが、気に入ったコがいたら連れ出し可能とのこと

 女のコの年齢は意外に幅広く、30代や40代の熟女系がいれば、ビックリするくらい若いコの姿もあった。ただしそれは、この手の連れ出しスナックが身分証なしに働くことができ、手当もその日払いのところが多かったため。つまり、すすきのでは雇ってもらえない、“訳アリ”なコが多数働いていたのだ。

 記者は以前、豊平の連れ出しスナックで19歳の女のコと遊んだことがある。

「友達に『ここでバイトしたら、すぐお金になるよ』って言われたから来ただけで、実はお店のこと、よくわかってないんだぁ」

 笑顔でそう話す彼女は、店のシステムを無視し、こんな提案をしてきた。

「お兄さん、いい人っぽいからさ、私を一晩貸し切ってくれない?」
「いいけど、いくら?」
「う~ん、一晩10万かな? なんなら友達を呼んで、3Pしてもいいよ?」

 明らかに相場を理解してない発言だが、そんな風俗慣れしてない子が多かった。

 豊平の連れ出しスナックは数年前、未成年の少女を働かせていたとして一斉摘発され、壊滅に追い込まれた。建物だけは今も残っているが、店のネオンは消えたままになっている。

店のシステムさえ理解していないコが多かったが、その素人くささが魅力でもあった

次ページへつづく