「対面座位だとセックスに全然集中できないんです。だってもう◯◯しか考えられなくなるから…。」夫や彼氏には絶対に言えない…その内に秘めた性欲を激白!!【女たちの下半身事情】

★シェアお願いします

女性にとっての性の悩みとは、男性以上にデリケートな問題。周囲に相談することもできず、自分の中で抱え込んでいる女性は数多い。そこで女性たちに、各々のセックスにまつわる赤裸々な悩みを語ってもらった…。

「愛情を感じる対面座位よりも激しいバックの方が好きなんです」

◯体位に悩む26歳OL

 よく「女性は対面座位が好き」って言うじゃないですか。愛情が感じられるから、とか言って。でも私は対面座位が大キライ。だってこの体位だと、お腹の肉の弛みがモロバレでしょ。

 対面座位だと、セックスに全然集中できなくなっちゃうんです。なぜかというと、もう神経がお腹にばかり集中して、愛を感じるとか、そんな悠長なこと考えられなくなっちゃうから…。

 なので「この人、対面座位をしようとしてる」って時は焦りますね。なんとかやめさせようと必死(笑)。この前、会社の飲み会の後、以前から気になっていた先輩に誘われたんです。

「2人きりで飲みに行こう」って耳打ちされ、少し飲んだ後、ホテルでエッチ。いっぱいキスしてもらった私は、すっかり夢心地でした。

 ところが、正常位でエッチして、もう少しでイキそうって時、先輩が体位を変えようとしたんです。私の身体を自分の上に持ち上げようとした動きで、すぐに悟りました。「あっ、対面座位しようとしてる」って。

 焦りましたね。このままだと、お腹のプヨプヨがバレるのは必至です。で、次の瞬間、思わずこんなことを口走っちゃいました。

「せ、先輩、私バックでしてほしいです!」

 実は私、もともとバックが大好きなんです。それは、お腹の弛みが目立たないのもあるけど、バックだとオチ◯チンが膣の奥深くまで届くから。この時のエッチも先輩のオチ◯チンの先が子宮口に当たるほど突いてきて、失神しそうになるほど気持ち良かったぁ。

 ただ、私が「バックで」って言った時、先輩は明らかに萎えた表情をしたんです。その後、キスもしてくれなくなったし。やっぱり体位に注文をつける女って嫌われるんでしょうか…。

次ページへつづく