【川上ゆう&涼川絢音レズ共演特別インタビュー】「顔見ておまんまん見て、顔を見てこんなに人によって違うんだと思って最初はまじまじ見て、まじまじ舐めて」(川上)。「ゆうさんのプレイが理想的過ぎて私しばらく、レズタチやってますって恥ずかしくて言えないです……」(涼川)前編

★シェアお願いします

涼川絢音ちゃんの熱烈オファーにより実現した、川上ゆうさんとのレズ共演!
その作品の感想をお二人をお呼びしてお聞きしました。
お互いの「抱き心地」&「抱かれ心地」はどうだったのでしょうか!? 
前編、後編2回に分けておおくりします

涼川絢音さん熱烈オファー念願のレズ共演作が実現!

── 共演作のリリースおめでとうございます! えーっと、今回はレズものということで、なんだか自分の友達と友達が付き合い始めて、改めてふたりと会う時みたいなドキドキがあります。えー……そのっ、どうだったんですか!

川上ゆう(以下、 川上 気持ちよくやらせていただきましたー。

涼川絢音(以下、涼川 カメラを忘れるくらい気持ち良くなっちゃいました。つい、「はあ、気持ち良い……」ってなって、「はっ、気持ち良いだけじゃだめだ」って気を持ち直しました。

川上 私が小説家の役で、絢音ちゃんに官能小説を朗読させて、言葉に詰まったところを襲うシーンがあったんですけど……。

涼川 「何するんですか?!」って拒まないといけないのに、素直に身を任せそうになってしまいました(笑)。

── ラブラブじゃないですか! 今回は涼川さんの方から、川上さんとの共演をリクエストされたと聞きました。

涼川 レズ作品で誰と共演したいか聞かれる度に、ゆうさんの名前を出してたんです。決まったって言われた時は、二回聞き直しました。

── それまで面識はなかったんですか?

川上 あったんですよ。バコバス(『MOODYZファン感謝祭 バコバコバスツアー2015』)の面接で初めてお会いして、帰り際に、「当日もよろしくお願いします」って声をかけたの。

涼川 それが衝撃で、「絢音ちゃんって……呼んでくれた……」って嬉しかったんです。

川上 なんかほんわりしてて可愛かったから声かけたの(笑)。

涼川 私、それから好きになっちゃって。

川上 でもバコバスの時はレズ絡みみたいなのはなかったんです。

── わあ、じゃあ今回はおふたりにとっても待望の作品だったんですね。

川上 ドラマものなのでゆっくり、しっとり撮ってもらえました。迫力あるのは、最初に私が襲うシーンくらいかな?

涼川 ねっとり誘導されて……。

── たまらないですね! 

涼川 レズ作品はちょこちょこ撮らせてもらってて、最近はタチ(攻める側)をやらせてもらうことも多かったんです。でも今回はネコ……襲われる役をやらせてもらって、ゆうさんって理想的だったんですよ。普段、自分もタチをやっているから、勉強させてもらおうと思っていたら、打ちのめされちゃいました。

── 打ちのめされた?!

川上 えー、なんで?

涼川 いや、もうほんと凄くて。私しばらく、レズタチやってますって恥ずかしくて言えないです……。

── 今までどういう場面で言ってたのか気になります!

川上 でもレズ好きな女の子ってわかるよね! 絡んでても苦手な子ってすぐわかるじゃない。絢音ちゃんはすぐに受け入れてくれて、ちゃんと目を見て会話してくれたから、女の人の体好きなんだなって思いました。

── うー、嫌いとかじゃないんですけど、女の人に触るのって緊張しませんか?

涼川 最初は緊張しました。でもゆうさんはそれさえも包み込んでくれるんですよね。

>>次のページ レズの醍醐味ここにあり! 止まらないおまんまん談義

🔽月刊DMMでの作品レビュー