【上野オークラ劇場舞台挨拶詳細レポート!】神咲詩織ちゃん主演『悶絶上映 銀幕の巨乳』 公開記念トーク! 「これからもピンク映画に出演したい」と意欲を燃やす神咲詩織ちゃんの演技に注目!

★シェアお願いします

「何回でも出させていただきたいのでお願いします!」
ピンク映画出演に意欲を見せる神咲詩織ちゃん

毎月、上映中の作品に関わった女優、スタッフ、監督が登壇する上野オークラ劇場の舞台挨拶にテレビやライブなどでも活躍する神咲詩織ちゃんが登場! 多くの熱心なピンク映画ファンに見守られながら作品の見どころなどを語ってくれました。

9月30日、ピンク映画の殿堂・上野オークラ劇場で行われた『悶絶上映 銀幕の巨乳』の舞台挨拶をレポート!

舞台挨拶の前にイケメン支配人と上野オークラ劇場3代目マスコットガールの月本愛ちゃんによる前座コーナーが始まります。

久しぶりに登壇した月本愛ちゃんは「実家に帰っていました。やせました」と報告。イケメン支配人も「かわいくなったねえ」と絶賛。次回の舞台挨拶の告知などを夫婦漫才のように展開してくれました。

そして、いよいよ『悶絶上映 銀幕の巨乳』の舞台挨拶に。主演を務めた神咲詩織ちゃんやほたるさん、和田光沙さんの女優陣に加え、共演した俳優の櫻井拓也さん、加藤義一監督が登壇。ファンから大きな拍手を浴びました。

「舞台挨拶は3回目です。みなさん今日は楽しんでいってください」と神咲詩織ちゃんが挨拶。

神咲詩織ちゃんの演技に対する感想を「スタッフ受けがすごく良くて、何の心配もなく仕事をさせてもらって、思い通りの絵になった」と加藤監督が賞賛。

月本愛ちゃんも「すごく優しかった。さっき挨拶をしてもらったとき、瞳がキラキラしていた」と憧れの先輩を見つめながら嬉しそうにコメント。

今回の作品に対しては「結構セリフのない、感情のお芝居が多かった。『・・・』のお芝居と言うか。難しいけど頑張りましたと神咲詩織ちゃん。

作品を見た月本愛ちゃんは「前向きな映画だったので、見終わった後、ハッピーな気持ちになれた」と感想を述べます。

また、撮影時は本物の映画館を使ったということで「お客さんに出演してもらったりして不思議な撮影だった」とほたるさん。上野オークラ劇場のHPにピンク映画版『ニュー・シネマパラダイス』と書かれており、映画ファンは必見です!

舞台挨拶ではファンが書いた質問にも答えるコーナーがありアットホーム。

気の早いファンから「次回の出演予定」を聞かれると「特にお話はないですけど、何回でも出させていただきたいのでお願いします!」とピンク映画出演に意欲を見せる神咲詩織ちゃん。

「劇中に浴衣シーンがありましたが、普段から着物や浴衣を着ますか?」の質問には「和装は大好き。この夏、撮影でも4、5回は着ました。自分で着られるのでお正月は妹と着て初詣に行きます」とコメントする神咲詩織ちゃん。着付けが出来るとはさすがです!

その後、プレゼントじゃんけん大会などで盛り上がり、最後の挨拶に。

「元々、感情表現できない人ですけど、お芝居をする中で自分自身も表現が豊かになっている気がするので、役も自分も感情豊かになっていきたいです。これからもピンク映画に出させていただきたいです」と抱負を語る神咲詩織ちゃん。

今後も芝居のキャリアを積みどんどんピンク映画に出演して欲しいものです!

今回舞台挨拶が行われた『悶絶上映 銀幕の巨乳』は10月5日(木)まで公開していますので、ぜひ上野オークラ劇場に足を運んでご覧ください。

(撮影・取材 KKフォトグラフ