【福岡うまか風俗食べある記!!】博多の素人立ちんぼから、小倉裏マンヘルに黒崎の本サロまで…博多・小倉・黒崎の裏フーゾクをハメ比べ旅♥

★シェアお願いします

北九州 黒崎★本サロ 40分/1万円

◯昭和の雰囲気漂う街に本サロが点在

 小倉駅から鹿児島本線で7駅目。黒崎駅で下車して目の前の国道3号を渡れば、黒崎の風俗街まではスグだ。

 路上ではドレス姿のキャバ嬢にムラムラしてしまう。黒服の客引きは気さくに声をかけてきた。歓楽街の中心部から少し離れた場所では、私服姿の中国人の女のコたちが「マッサージどうですか?」とエステに誘う。

セクキャバやキャバクラが並ぶ通りは活気があって小さな風俗街とは思えぬほどだった

 セクキャバも多かった。上だけの店もあれば、下までタッチできる店などさまざまだが、激安店が特に気を惹いた。

 路地に入ると、ちょっと寂しい雰囲気だ。元気なさそうなおじさんが2人立つピンサロがあったので、珍しく思って向かうと交渉が始まった。

「若いコとかはいるの?」
「23とか27ですよ。それ以上のおばさんはいませんから」

 店は昭和の佇まいで、如何にも熟女店っぽい。

「ホント? 四十路とか嫌だよ」
「そんなウソついたら、ココでは商売できませんよ」

 客引きの言葉に偽りなく、ヤリ部屋でご対面した亜里沙ちゃんは23歳だった。美乳のCカップが印象的なコは、クンニしようとしたら、オマ●コまでピンクで一心不乱に舐めまくった。

「そんなにしちゃイッちゃう~」慌てて勃起棒を蜜壺にブチ込むと、締まりも良くて三擦り半でフィニッシュした。

本サロは風俗街の賑わいとは無縁の通りに潜んでいた

福岡市 博多★立ちんぼ 60分2万円

◯ラブホ街で探せばすぐに見つかる!

 福岡市内には、雑誌でもネットでも知られていないような裏風俗スポットがいまだに結構ある。小さな児童公園に立ちんぼが現れたりと、そんな場所に事欠かない。

近くの別の立ちんぼスポットと違い、こちらの立ちんぼは一ケ所に立ち止まらずに移動した

 大きな商業施設のキャナルシティから那珂川に沿って南へ歩いて行くと、住吉と呼ばれる場所に出る。 小さなラブホ街があって、熟女が立っていたので声をかけた。

「遊べるのかな?」
「いいコ紹介してあげるよ」

 春吉だけがポン引きスポットと思っていたが、ココにもポン引きがいたからビックリした。表通りから人目に触れぬ場所へ向かうと、若いコがあっちにもこっちにも立っている。170センチオーバーの長身のコがいたので珍しいから誘ってみた。

「ちょっと遊べるたりするかな?」

 すると野太い声で「いいわよ」と返された。一見すると綺麗なコなんだが、間違いなくニューハーフだ。逃げるようにその場から立ち去ると「アンタ、絶対に後悔するからねっ」と怒りで震えた声が背後から聞こえた。

 二度と同じ轍は踏むまいと、今度は慎重に交渉した。まずは「今、何時かな?」と尋ねて声を確認し、それから交渉に入った。

 近くにはソープ街もあるので、少しはマケるだろうと思ったが、福岡のコは交渉には応じてくれない。それでもベージュのパンストに包まれた美脚に惹かれて遊んだのが、22歳の彩ちゃんだった。

この美脚に一目惚れ。胸は小さかったが橋本環奈似の上玉との出会いには感謝しきり

 お金には厳しかったが、ベッドインすると優しくて、フェラの後には蟻の門渡りにまで舌を這わす。

 Cカップの乳首をレロレロと舐めると乳首はスグにビンビンだ。彩ちゃんの足を掴んで、つま先まで丁寧に舐めてやると「こんなことされたの初めてぇ」と瞳を潤ませた。蜜壺は既にグチョ濡れだ。

 正常位で激しく突くと「すごいっ、当たるっ、当たってる」と悶えまくり、白濁液をドッピュンしたら、ザーメンまみれの肉棒をお掃除フェラまでしてくれた。感激。

取材=エックス前田(記事引用元=ズバ王

ズバ王 2017年10月号

商品の詳細を見る