【大量画像! 沖田杏梨ライブフォトレポート】「来年には帰ってきたいと思います!」の言葉を残し休業前ライブで涙の熱唱! 最後は杏梨コールを送られ完全燃焼!

★シェアお願いします

沖田杏梨ちゃん休業直前涙のライブパフォーマンス!!

これまで多くの「Milky Pop Generation(通称・みるじぇね)」のライブに登場し、10月4日にはセカンドシングル『GORILLA』を発売、みるじぇねの要として活躍してきた沖田杏梨ちゃんが休業前、最後のライブを行った。

10月17日に東京・品川にあるJ-SQUARE SHINAGAWAで開催された沖田杏梨セカンドワンマンライブ『STORNG BEAT』には休業前の姿を一目見ようと多くのファンが集まり熱気の渦に包まれた。

舞台袖からではなく、会場中央の花道から威風堂々と登場。1曲目の『Liar』、2曲目の『Coulors』を深紅のドレス姿で歌い上げると、ファンへ感謝の言葉を述べる沖田杏梨ちゃん。

MCでは「今日は新曲が4曲くらいあります。楽しんでいきましょう!」と語り、立て続けに『GORILLA(DJ BAKU ver.)』、『Alligator』、『wanna stay with you』、『まぼろしMONSTER』と新旧取り混ぜ披露。

曲後はステージのスクリーンに楽曲を手掛けた並木優ちゃん卯水咲流ちゃんら多くの関係者のコメントが流され感動を呼んだ。

7曲目の『CAT WALK』では黒のドレス姿に着替え登場。8曲目は『Gorilla(ゆうたむver.)』で会場を盛り上げてくれた。

そして、最後の曲に入る前に「私の心の中身を歌ってくれている曲。全員に伝わるように歌いたい」と安室奈美恵の『ALL FOR YOU』を涙ながらに熱唱。思わずもらい泣きするファンも続出した。

一旦、ステージを去った沖田杏梨ちゃんだが、ファンから怒涛のアンコールに応え笑顔で登場。

「来年には帰ってきたいと思います。これからもっともっと成長したり、内面を磨いていきたい」

と早くも復帰を予感させるMCでファンも一安心。

アンコールでは『Wild Buffalo』、『Song for the earth』を心から歌い完全燃焼。バンドメンバーと一緒にファンへ感謝の気持ちを表し、最後は熱烈な「杏梨コール」を受けた。

一旦、休業という形で充電期間に入る沖田杏梨ちゃんだが、MC通り来年には戻り、さらにパワーアップした新生・沖田杏梨の再登場を期待したい!

ライブの模様は次のページの大量フォトレポートで!

(撮影・取材 KKフォトグラフ