【人妻ひと夏の仰天性体験】「一つだけお願いがあります。それはスクール水着の着用をお願いしたいということ。ちなみに水着は持参いたしますので、わざわざ用意していただく必要はありません」

★シェアお願いします

「子供の面倒が大変な夏休み そのストレスで不倫に走って…」

◯33歳/結婚9年目専業主婦の告白

 ウチの子供は現在、小学2年生。まだまだ目が離せない時期なので、学校のない夏休みは気の休まる時がありません。だってイタズラっ子で、放っておいてたら何をするかわからないところがあるから、本当に大変なんですよ。正直、ストレスが溜まる一方ですね。

 そんな夏休みで、ようやく心が安らぐ日がやってきました。それは登校日。この日ばかりは子供の世話は先生にお任せできます。

 ですが、せっかく自由になれるこの日、ただノンビリ過ごすのも勿体ない気がします。だってストレス発散にはセックスが一番だけど、子供が生まれてからというもの、夫は全然抱いてくれなくなってセックスレス。夏に浮気するなら、どうも登校日以外にチャンスがなさそうなんですよね。

 そこで、子供が学校に、夫が会社に出かけるのを見送った後、さっそく出会い系サイトで浮気相手を探しちゃいました。と言っても、悠長にメールのやり取りをして相手を厳選している暇はありません。なにしろ子供の帰宅時間を考えると、午後3時くらいには家に戻ってきている必要があります。

 そこで「お昼までに会える人を探しています」と掲示板に書き込み、誰かしら反応があるのを待ちました。すると間もなくメール。40代半ばの自営業の男性からで、そこにはこんな内容の文面が綴られていたんです。

「今は暇なので、◯◯市ならすぐに会いに行けると思います。ただ、一つだけお願いがあります。それはスクール水着の着用をお願いしたいということ。ちなみに水着は持参いたしますので、わざわざ用意していただく必要はありません」

 なんだかヤバイ雰囲気がぷんぷん漂ってます。だいたい三十路の人妻にスクール水着を着せてどうしようというのでしょうか、この変態さんは。もっとも、こちらとしても選り好みしていられる時間がないのも事実。写真を送ってもらったら意外に普通のおじさんって感じだったので、思い切って会うことにしました。

 

次のページにつづく