【福島・いわきフーゾク旅】地元漁師たちが足繁く通う小名浜格安ソープで夢の一夜♥ フーゾク漫画家・みわしゅうへいのみちのく桃色♥漫遊記!!

★シェアお願いします

福島県・いわき市☆漁師相手の激安ソープで遊ぶ♥

◯比較的温暖ないわきはサーフィンと新鮮な魚がウマイ

 小名浜は、いわき市南部の地域で、温暖な気候などによりサーフィンに適する海岸もある。大型の魚市場のほか、展望台のある臨海公園や美空ひばり所縁の灯台、近隣に温泉街と観光資源を抱える事から「東北の湘南」とも称され、「湘南台」「葉山」という地名が不動産会社のプロジェクト地域につけられている。

 観光客数は年間250万人と、福島県第一位の観光客数を誇っている。小名浜漁港では、鰹、鮪、秋刀魚など他にイカやタコなどの様々な魚介類が活発に取引されている。  関東地方、特に茨城県との関係が大きく、関東地方から小名浜間での観光客の行き来も多い。

◯いわきの風俗事情 -ソープが有名だがデリヘルも好調♥-

 震災後復興景気も一段落し、また新たな方向へと進む感じの東北地方だが、仙台と並んで今も好調なフーゾク地区、それがこの福島県いわき市の小名浜だ! ソープランドを中心とし、デリなども豊富である。ただし他の歓楽街と違いこちらはちょっと様子が違いもう少し切実なのだ。

 福島といえば原子力発電所で多くの従業員が働く。先の震災で被害はうけたものの、すさまじいエネルギーで復興してきた福島。ここ小名浜漁港にも多くの男性が集まり、かつての賑わいぶりを呈している。男たちが集まれば、当然食欲や性欲を満たす産業が必要になるわけで、ご当地小名浜もその恩恵にあずかってきたのだ。

 小名浜のソープは歴史があって、30~40年くらい前には毛糸の腹巻きに聖徳太子を何十人…も入れたおとうさんやお兄さんが、漁船からソープ街へと繰り出していたそうである。聖徳太子が福沢諭吉に変わりトルコ風呂がソープランドへと変わった頃ほど今は派手ではない。

 しかし地元の勤労青年や漁師さんたちが疲れた身体を癒し溜まった欲望を発散するために、陸の新鮮な貝をお目当てにやってくることでは今も昔と変わらないという理由で、小名浜に十数軒あるソープランドはことのほか流行っている。

 地元の勤労青年や漁師に言わせると「客の回転がいいから女のコのレベルはあがり、競争で値段は下がって良いコトづくめ?」ということらしい。加えて景気が良ければ、県外からも女のコたちが出稼ぎにやってくるので、出会いの楽しみも増えるそうな。       

次ページへつづく↓