新人娘がまさかの痴女宣言!?…グラドルから衝撃の転身を果たした吉高寧々ちゃんインタビュー『童貞君にヤラしいご褒美をあげたい(笑)』【我慢汁インタビュー】

★シェアお願いします

吉高寧々…1995年12月1日生まれの21歳。兵庫県神戸市出身。T155・B84(C)W56H85。2017年4月イメージDVD『初めての…』(エアーコントロール)でデビュー。そのキュートかつセクシーなルックスで注目を集めると、9月1日『新人No.1STYLE グラビアアイドル吉高寧々AV解禁』(S1)で衝撃のAVデビューを飾った

(掲載/「実話大報」2017年11月号)

3年生の先輩に好き好き光線?

なんじゃ、このカワイイ生き物は!? と、スタッフ一同を驚愕させたのは、今回、表紙&巻末グラビアを務めてくれた吉高寧々ちゃん。なにしろ今年4月にグラビアアイドルとしてデビューするや、清楚さとセクシーさを兼ね備えたルックスでたちまち人気に火がつき、この8月に発表したAVへの転身が大きな話題になったばかりの超逸材であります。やはりその容姿はハンパじゃありません。

そんな寧々ちゃんは兵庫県神戸市で生まれたものの、幼い頃に田舎に引っ越し、高校卒業までの学生時代をクマが出没する田舎で過ごしたんだとか。もっとも、

小学生の頃、学校からの帰り道で変な人に声をかけられて、よくチャリで追いかけ回されました(笑)

というから、やはり田舎でもその可愛らしさが相当目立っていたようです。

そして、田舎で育った純朴な寧々ちゃんが初めて男を知るのは高校1年のとき。

私、中学ではテニス、高校では陸上部に在籍していたんですね。で、陸上部に入ったときに3年生の先輩のことを好きになって。“好き好き光線”だしてたら、その先輩が告白してくれたんです

告白されたその日に初キスを交わした寧々ちゃんは、1カ月後に先輩の家で初エッチ。ただ、いい思い出にはならなかったそうで……。

下の階に先輩のお母さんとかいて、ドキドキしながらの初体験だったんですが、とにかく痛くて……。途中まで挿れるんだけど痛くてやめてもらう、というのを何回も繰り返し。どうにか初体験を済ませたって感じでした。その後、先輩とは1年くらい付き合ったけど、正直なところ、エッチが気持ちいいと思えたことはなかったんですよぉ

昔はエッチよりオナニー派!?

その一方、寧々ちゃんはこの時期にもうひとつの初体験を済ませています。それはオナニー。

先輩とエッチしてしばらくしたころ、〝なんやろ、この気持ち?〟って感じでムズムズすることがあって。当時は知識も全然なかったんです。でも気づいたらクリを触ってました(笑)。それからは多い時には1週間に一回くらい、オナニーするようになっちゃった

当時はセックスよりオナニーの方が好きだったという寧々ちゃん。で、そんな彼女が初めてセックスを気持ちいいと思えたのは、高校卒業後に付き合った3人目の彼氏が相手のとき。

友だちの紹介で知り合った3歳年上の人と付き合い始めて、すごく感じるようになったんです。ただ、愛撫が上手かったって印象はないんですよね。それより単純に彼のことが好きという気持ちが快感につながったのかなって思います。あと、オナニーで開発されたところもあったかも(笑)

そんな3人目の彼氏とのエッチのなかでも、とくに印象に残っているのはカーセックスだったそう。

一番よく覚えているのは駐車場でしたエッチ。誰かに見られてるかも!?って思ったら、すごい興奮しちゃいました(笑)

どうやら寧々ちゃん、かなりMっ気がありそうです。  その後、体の相性の良かった3人目の彼氏と「ちょっとずつお互いの気持ちがすれ違っていって……」、別れることになってしまったそうです。

お店で自分が表紙の本を見て

そして、そんな彼女が、やがて芸能界デビューすることに。今年4月にファーストDVD『初めての…』(エアーコントロール)でデビュー。そのキュートなルックスで注目を集めると、『ヤングキング』誌のグラビアや『週刊大衆』誌の表紙、さらにはファースト写真集『ねぇねぇ』(ジーオーティー)の発売など、グラドルとしての仕事を精力的にこなしていきました。

とくに印象深いのは週刊誌の表紙のお仕事でした。店頭に並んだときは嬉しくて、店員さんに思わず〝これ、私!〟って自慢したくなっちゃいました(笑)

そんな中、ファンに衝撃を与えたのがAVデビューの発表。おっとりした雰囲気の寧々ちゃんですが、このときはさすがにファンの反応を知るのが怖かったそうです。

ツイッターもおそるおそる覗くって感じでした。そしたら〝ビックリした〟ってこと以外にも、〝応援するよ〟〝頑張って〟という反応が多くて、嬉しかったです

そうして挑んだAVデビュー作『グラビア・アイドル吉高寧々AV解禁』(S1)の撮影ですが、やはりかなり緊張したとか。

撮影が始まると頭の中が真っ白。水着と裸では全然違いました。もちろん男優さんとの絡みも緊張しました。ただ、普段したことのない体位とかでするうち、すごい感じてきて。気付いたらカメラも忘れて喘いじゃってたんですよね(笑)

初めての撮影に緊張しながらも、しっかりと楽しんだ様子の彼女。AV女優への適性は、かなり高いと言えそうです。で、そんな彼女に今後の目標を聞くと?

12月公開の映画『ビジランテ』にちょこっと出演させていただいて、すごい楽しかったんです。今後は演技のお仕事も増えると嬉しいです。AVの方は、責められるばかりじゃなくて、責める系をやってみたい エッチな家庭教師のお姉さん役とか、興奮しそう(笑)

と、まさかの痴女宣言まで飛び出した寧々ちゃん。『AV OPEN 2017』の女優部門へのエントリーも決定し(注:見事3冠達成)、ますます注目度の高まる彼女から今後も目が離せません!

(掲載/「実話大報」2017年11月号)