deraT

【タイ風俗最新事情!!】日本人にはまだ知られていないタイで人気のスロー風俗『ビア・バー』その一度ハマったらやめられない魅力を徹底ガイド!!

タイにあるフーゾクジャンルの中で、最も店舗数が多いのに日本人があまり立ち寄らないフーゾク。それがビアバーです。今号では、その知られざる魅力を大公開!

タイ版スナック?知る人ぞ知る人気のスロー風俗『ビアバー』の魅力とは!?

◯遊び方が分からないのが原因!?

 夜遊び天国としてダントツ人気を誇るタイランド。本誌読者の方々の中にも、タイで遊んだことがあると言われる方も多いのではないでしょうか。ド派手なネオンに彩られたゴーゴーバー、美人泡姫と豪華な浴室でイチャイチャできるマッサージパーラー、そして日本のナイトクラブ風のゴージャスなお店で連れ出しまでできる日本人クラブと、タイには楽しいフーゾクが目白押し。今回の旅では、どのジャンルで遊ぼうか、ワクワクしてしまいます。  

 そんなタイの夜遊びなのですが、実はもうひとつ、タイには有名なフーゾクジャンルがあるんですね。それが今回ご紹介するビアバーです。

 歓楽街の通りに面した場所に、店と通りを隔てる壁もなく、カウンターと椅子が雑然と並んでいます。分かりやすく言えば、オープンエアーなカウンターバー。店には接客してくれるホステスさんも何人かいて、激安で楽しめるキャバクラのようなお店でもあります。

タイガールたちが闊歩し活気あふれるビアバーの店内。

 バンコクでは年々その数が少なくなっていますが、パタヤやプーケット、サムイなどのビーチリゾートには無数にあり、夜風に当たりながら女のコとイチャイチャできる人気フーゾクだったりするんですね。

 ただ、日本には存在しないジャンルのお店なので、どうやって遊んだら良いのか分からないというのが実情ではないでしょうか。それと客層の中心が白人なので、店の入口の席とかにガタイの良い白人がデ~ンと座っていたりすると、ちょっと入りづらい雰囲気もあるかも知れません。

 ただ、見た目は威圧感満点な白人客たちですが、彼らも楽しみに来ているだけですので、遠慮する必要はありませんよ。

 

◯目当ての娘を見つけたら一直線

 さて、ビアバーの遊び方ですが、ビアバーは何軒かの店が集まってビアバー街のような感じになっていますので、ビアバー街に入ったら、ゆっくり通りを歩きながら、お店にどんな女のコがいるか観察しましょう。女のコを付けずに飲むだけでもOKですが、折角、女のコがいるんですからタイプを選ばなきゃ ソンですよね。

 この娘、可愛いなと思う娘が目に止まったら、その娘が立っている場所の近くに着席。その娘にドリンクを注文します。何でこうするのかと言うと、ランダムに座って来た客には、店の女のコ同士で決めている順番で接客してくれる女のコを押しつけられてしまうため。自分から「この娘がイイ!」ってアピールする必要があるのです。

 指名したい女のコがドリンクを出してくれたら、すかさず「キミも飲みなよ」と女のコにレディースドリンクを奢って上げます。ビアバーでは、ドリンクを奢ることが指名料がわり。奢ってもらった女のコは、飲み終わるまで専属のホステスとして接客してくれます。

次ページへつづく↓