【人気熟女女優 成宮いろはインタビュー】「中学時代はSEXするのが怖かった。でも、おちんちんには興味があったんでフェラと手コキで抜いてあげてました」「普段は真面目で、ベッドでは変わる。紳士的なSの方がタイプです」後編

★シェアお願いします


新年一発目のインタビューは、デビュー三年目でますます色気に磨きがかかる人気熟女女優・成宮いろはさん! 全身からにじみ出るエロさと癒される雰囲気の秘密に迫ります!!
インタビュー後編

親に従順だった優等生娘が40歳を前に性欲を開放した

🔽インタビュー前編&中編はコチラ

新年一発目のインタビューは、デビュー三年目でますます色気に磨きがかかる人気熟女女優・成宮いろはさん! 全身からにじみ出るエロさと癒される...

── そんな成宮さんだけど、初体験が高校2年で、その後、遊んでいた時期もなかったらしいですね。

成宮 そうなんです。初体験の時は、相手が同級生で、ジュンジュン濡れるし早くしたいって思ってたんですけど、何度トライしても痛くて、ちゃんとできたのは付き合い始めて1年くらい経ってからなんです。

── うぶなエピソードですね。

成宮 その前に、初めて付き合った人が私が中3で、相手は高校生の人だったんですけど、その人に口と手では抜いてあげてたんです。

── え? 処女なのにフェラと手コキは経験してたんだ? 

成宮 おちんちんには興味あったんで、触ったり舐めたりはしたかったんですよね♪。

── 一方で、お稽古ごとにも精を出していた少女時代のようですね。

成宮 私、反抗期っていうのがなくて、親があれしなさいこれしなさいって言った通りに、小学校の頃からピアノ、習字、そろばん、スイミング、お花を習ってたんです。

── 高校卒業後は、進学を?

成宮 はい。短大で寮生活を送って、門限が夜9時だったんです。真面目にお付き合いしている彼氏がいて、会う時は「祖母が病気で」とか嘘をついて外泊してました。

── その後、アラフォーになってAVに出るまでの道のりは?

成宮 アパレル系の会社に就職して、その後エステティシャンを経て、たまたまご縁があってAVの仕事を紹介していただいたんです。それまで、いい子ちゃんでいたぶん、弾けちゃって、遅い反抗期が来たという感じですね。

🔽次のページ 私生活での男性経験は?

🔽「月刊DMM」での作品レビュー