女が語る中出しセックス体験「膣奥に感じる彼のオチ◯チンはゾクゾクするくらい気持ち良く、子宮で受け止めた彼の精液はとてもあたたかく感じられました…」

★シェアお願いします


「不倫中の上司にウソをついて中出しをお願いしちゃいました」

◯25歳/外資系保険会社OLの告白手記

 昔から同年代の男の子に興味が持てず、年上ばかり好きになっていた私は、今の会社に入社した3年前から51歳の上司にずっと憧れの気持ちを抱いていました。ただ、周りの人から「あの人は家庭をすごく大事にしている」って聞いていたから、半分諦めていたんです。

 そんなある日、その上司と2人きりで残業する機会があり、帰りにお酒に誘われた私。酔った勢いも手伝って思い切って告白したところ、なんとホテルに誘ってもらえたんです。

 それからは1カ月に一回くらいのペースでエッチ。密会場所は、最初のうちは会社から少し離れた喫茶店で待ち合わせてホテルへってパターンが多かったんですが、やがて彼が私の住むマンションに直接来るようになりました。彼はホテル代を浮かせたかっただけかもしれませんが、私としては彼が部屋に来るのは、距離が近くなった気がして、嬉しく思えましたね。

 でも、交際が長くなってくるのにつれて、私の方にだんだん欲が出てきちゃって…。だって彼は私の部屋に来ても、いつも泊まらず、奥さんの待つ自宅へ帰っていくわけじゃないですか。それがどうしようもなく寂しくて辛いんですよ。

 それでつい先日、彼に嘘をついちゃったんです。「今日は安全日だから、中に出しても大丈夫ですよ…」って。初めて彼の精液で子宮が満たされるのを感じた時は、すごく幸せな気分になれました。これで私もようやく女になれたって。

 今は、就寝時に毎晩お腹をさすっています。妊娠していることを祈りながら…。

「彼氏とのお別れセックス 膣奥で感じた精液の温かさ」

◯29歳/ブライダルプランナーの告白手記

 付き合って5年になる彼氏が、この9月から転勤することになったんです。なんと東南アジアへ…。

「オレは現地についてきてほしいけど、お前が仕事にやりがいを感じているのも知っているから、無理強いはしない。結婚するか別れるか、お前が決めてくれ」

 彼は私にこう決断を迫ってきました。私も彼と離れがたい気持ちはありましたが、今の仕事を辞めて海外までついていくのは、やはり踏ん切りがつきません。せめて国内の転勤だったら、遠距離恋愛って選択肢もあったと思うんですけどね。

 悩んだ末に導き出した私の答えは、運を天に任せること。つまり、これまで一度もしなかった中出しをして、妊娠したら結婚、妊娠しなかったら別れる、としたんです。彼もその賭けを承諾してくれました。そして、危険日に運命の中出しセックス。

次ページへつづく↓