あの懐かしの“テレクラ”が、いま熟女妻の出会いツールとしてブーム再燃中!! テレクラに集う四十路妻たちの心情とは!?【人妻ヤレる出会いスポット探訪】

★シェアお願いします


テレクラ☆懐かしの場所には、まだまだ人妻たちがいる!!

◯すぐヤリたい四十路熟女妻たちの隠れた王国

 その言葉を聞くだけで昭和レトロな味わい漂う、テレクラことテレフォンクラブ。一時は一世を風靡した出会いツールも、いまでは古き良き昭和の遺物と化した感のあるテレクラだが、じつは「熟女好き」の間では、いまだに重宝されているのだという。

もう絶滅状態かと思いきや、意外な理由でいまだ健在のテレクラ

「テレクラが隆盛を極めたのは1990年頃。あの当時ギャルだった子たちも、もう40代の熟女です。そうしたかつてのギャルたちは、昔よく利用していた安心からか、いまでも男が欲しくなると、コールしてくるんです」(ベテラン風俗ライター)

 流行りの出会い系アプリにはついていけず、かといって出会い喫茶に通うほど容姿に自信がない……。そんな40代妻たちの最後の砦となっているのが、懐かしのテレクラなのだ。今回は東京都下にある下町のテレクラに突撃した。

 料金は60分で2000円ほど。さすがにコールが鳴りやまないという盛況ぶりではないが、だいたい5分に1度は電話が鳴った。ほとんどが援交目的だ。

「ねえ~、あたしのオマ〇コ、名器って言われるの~。2万でどうかなぁ?」

 キモっ! 正直、こんな痛すぎる勘違いオバサンが多かったのも事実だが、辛抱強く待てば、たまにフツーの人妻ともつながるのだ。

「生理前になると、ムラムラしてしまうので……」と自嘲しながら話してきたのが、ミキさん。ご本人曰く44歳の専業主婦だそうで、 「ほんと、もうオバサンですよ。胸も垂れているし、お腹もちょっと……」こう言われると余計に会いたくなるものだ。

 テレクラの最大メリットは、地元密着型ですぐ会えること。すぐさま最寄りの駅で待ち合わせすることにした。実際のミキさんは清潔感のある癒し系の熟女だった。

「こんな私ですみません。私で大丈夫ですか?」

 なんて聞いてくるので、熟女とはいえ、可愛らしく思えてしまうのだ。

次ページへつづく↓